ホーム > トピックス > 皮膚科部長 佐伯秀久部長の記事が掲載されました。

発刊物・掲載紙面:週刊朝日 66-67ページ

掲 載 日          :平成29年8月8日(火)

記事タイトル         :「新・名医の最新治療 乾癬」

内容(一部抜粋)      :

 国内の乾癬治療の第一人者、日本医科大学付属病院皮膚科部長佐伯秀久医師はこう話す。「ルミセフ(薬品)はPASI90の達成率が87%。皮疹が完全に消える状態を示すPASI100の達成率が55%で、患者さんの約2人に1人は皮疹が消えるという極めて高い効果を持つ薬です。」(中略)

 生物学的製剤全般に言えることだが、免疫力を低下させる作用がある。「昔、結核になったことがある人は、再び結核を発症する可能性があります。そのほか肺炎や、口の中がカンジダなどの感染症になる可能性があるので、安全性を確認しながら治療していく必要があります。」(同)


皮膚科につきまして、詳細はこちらをご覧ください。