お知らせ

ホーム> お知らせ> 高校生のための体験実習「ひらめき☆ときめきサイエンス」のご案内

平成30年度ひらめき☆ときめきサイエンスのご案内

hiratoki_sub_header


本学では、日本学術振興会の事業である「ひらめき☆ときめきサイエンス」に参加しています。
 今夏、以下のプログラムを実施いたしますので、奮ってご参加ください。


プログラム名:「医療現場からコミュニケーションを科学してみよう!フライトDrは言葉に何を託すか?」
日程:平成30年9月16日(日)

場所:日本医科大学教育棟(東京都文京区千駄木1-1-5)

対象者:高校1年生・2年生

定員:30名


●内容

「コミュ力」、皆さんも日々の生活の中でいろいろと感じるところもあると思います。例えばTVに出て来るフライトドクターのセリフって作り物なのでしょうか。医療現場を通じて、「コミュニケーション」というとらえどころのないものを、医学、心理学や行動科学、機械工学など様々な視点から科学してみませんか。参加者と医学部学生、市民ボランティアがグループになって、皆でワイワイやる中の言葉や、学生が演じる医者と患者の会話、本物の救命医から発せられる言葉を題材に、コミュニケーションの根っこにある『何か』を解析してみます。

プログラム詳細はこちら


●参加について

参加無料です。参加者には昼食をご用意いたします。

参加申込受付はこちら


●ひらめき☆ときめきサイエンス

「ひらめき☆ときめきサイエンス」とは、「科研費」により行われている最先端の研究成果について、直に見る、聞く、ふれることで、皆さんに科学のおもしろさを感じてもらう日本学術振興会のプログラムです。

日本学術振興会の詳細はこちら