ホーム > 病院のご案内 > 医療安全・感染管理

医療安全・感染管理

医療安全管理指針

本指針は、日本医科大学付属病院(以下「当院」という。)における医療安全管理体制の確立、医療安全管理に係る改善のための方策および医療事故発生時の対応等について定め、適切かつ安全な医療の提供に資することを目的とする。

1.医療安全管理に関する基本的考え方

当院は、患者が安心して医療を受けられる環境を整備し、安全かつ適切な医療を提供するため、医療事故防止、医薬品管理および医療機器管理等を踏まえた医療に係る安全管理の確立に取り組んで行くものとする。

2.医療に係る安全管理の組織に関する基本的事項

当院における医療安全管理体制の確保および推進を図るため、本指針に基づき、次の組織および人員等を配置する。

(1)医療安全管理委員会

  1. 当院における医療に係る安全管理体制の確保および推進を図るために、医療安全管理委員会を設置する。
  2. 医療安全管理委員会の組織および運営等については、「日本医科大学付属病院医療安全管理委員会運営細則」の定めによる。

(2)事故調査委員会

  1. 医療事故発生の原因調査、究明および対策を協議し、再発防止を図るために、事故調査委員会を設置する。
  2. 事故調査委員会の組織および運用等については、「日本医科大学付属病院事故調査委員会要綱」による。

(3)医療安全管理部

  1. 当院における医療安全を組織横断的に推進する目的で医療安全管理部を設置する。
  2. 医療安全管理部に関する組織および運用については、「日本医科大学付属病院医療安全管理部に関する運営細則」による。

(4)医療安全管理責任者

  1. 医療法および医療法施行規則等に基づき、医療に係る安全管理体制を確保するために、医療安全管理部に医療安全管理責任者を置く。
  2. 医療安全管理責任者の業務は、「医療安全管理に関する規定」による。

(5)医療安全管理者

  1. 医療法および医療法施行規則等に基づき、医療に係る安全管理体制を確保するために、医療安全管理部に専従の医療安全管理者を置く。
  2. 医療安全管理者の業務は、「医療安全管理に関する規定」による。

(6)医薬品安全管理責任者

  1. 法第6条10および新省令第1条の11第2項第2号イに基づき、医薬品の安全使用のために、医薬品安全管理責任者を置く。
  2. 医薬品安全管理責任者の業務は、「医療安全管理に関する規定」による。

(7)医療機器安全管理責任者

  1. 法第6条の10および規則第1条の11第2項第3号イに基づき、医療機器の安全使用のため医療機器安全管理責任者を置く。
  2. 医療機器安全管理責任者の業務は、「医療安全管理に関する規定」による。

(8)リスクマネージャ

  1. 各部門の医療安全の管理の推進に資するため、リスクマネージャを置く。
  2. リスクマネージャの業務については、「医療安全管理に関する規定」による。

3.医療安全管理のための職員研修に関する基本的事項

  1. 医療に係る安全管理のための基本的考え方および具体的方策について、職員に対し周知徹底を図るため、医療安全管理のための研修を年2回開催し、その他必要に応じ随時開催する。
  2. 新規入職職員および中途採用職員等に対して医療安全管理に関する当院の基本的な考え方、方針、事項を周知させるための研修についても計画的に開催する。

4.事故報告等の医療に係る安全の確保を目的とした改善のための方策に関する基本方針

  1. 医療に係る安全管理の確保のために、患者に実害のない事例も含めて広く医療事故報告を収集、分析、改善策の策定およびその実施状況を評価して、これらの情報を共有する。
  2. 医療事故報告については、「医療安全管理に関する規定」による。

5.医療事故発生時の対応に関する基本方針

  1. 医療事故が発生した場合には、患者に対しては医療上最善の処置を行うとともに、状況の悪化に直ちに対応できる体制を整備する。また、患者、家族等に対しては、誠実に速やかな事実の説明を行う。
  2. 重大な事故の改善策については、背景要因および根本的原因を分析し、効果的な再発防止策を図るものとする。
  3. 重大な事故の発生時における対応、報告、患者・家族への対応、事実経過の記録に関しては、「医療安全管理に関する規定」による。

6.当院と患者との間の情報の共有に関する基本方針

  1. 本指針の内容を含め、職員は患者との情報の共有に努めるとともに患者および家族等から本指針の閲覧の申し出がある場合には、これに応じるものとする。
  2. 本指針についての照会および閲覧の窓口は、医療安全管理部とする。

7.患者からの相談への対応に関する基本方針

  1. 患者、家族からの苦情、相談に適切に応じる体制を確保するために、患者相談窓口を設置する。
  2. 患者相談窓口の運営等については、「患者相談窓口運営細則」の定めるところによる。

8.高難度新規医療技術等を用いた医療の提供

高難度新規医療技術を用いた医療を提供する場合には、関係学会から示される「高難度新規医療技術の導入に当たっての基本的考え方」やガイドライン等を参考に実施する。

9.その他医療安全の推進のために必要な基本方針

医療に係る安全管理を推進するため、本指針、ガイドラインおよびマニュアルを随時見直し、職員に周知する。