ホーム > 病院のご案内 > 医療安全・感染管理 > インフォームドコンセント

インフォームド・コンセント

インフォームド・コンセントにおきましては、患者さんの病状・病名、医療行為の必要性、内容・期間、予測される効果・危険性・副作用、代替可能な医療行為の有無と内容、これらを実施しなかった場合に予測される結果などについて説明した上で、患者さんの判断と選択に基づき医療行為を進めます。緊急時など一部の例外を除くすべての医療行為におきまして、インフォームド・コンセントに基づいて医療行為を行うのが原則です。
特に、患者さんの予後や今後の治療方針に大きく関わる病状の説明や、手術など重要な医療行為におきましては、口頭での説明と同時にその内容を患者さんやご家族にも理解可能なわかりやすい言葉で記載した文書で明示して、医療側および患者側の双方で確認・保管する必要があります。緊急時の救命処置など事前に十分な説明を行う時間的余裕のない状況におきましては、事後に十分な説明を行い理解を得るよう努めます。