がん診療センターの特色

がん診療を取り巻く環境は、がんの罹患数、死亡数の増加、治療法の進歩などから、大きく変化しております。現在、がん診療は、高度な疾病に対する診断治療技術はもとより、精神的なケアや緩和医療など、全人的な対応を求められています。このような背景から2006年6月に「がん対策基本法」が制定され、国家的視野でも診療格差是正などを目的とした種々の政策が打ち出されています。このような全人的な医療を可能にするため、我々日本医科大学付属病院は、種々の診療体制の整備を行っています。また、院内がん登録も開始し、その情報を基に当院がん診療の一層の向上を計り、皆さまへの情報提供などを行ってまいります。

今後、さらなるスタッフの充実や先進的医療の積極的導入など、治療成績を高める方針を堅持するとともに、細やかながん診療を実践し「QOL(生活の質)」を向上させる様努力してまいります。