海外留学を希望する本学医学部生へ

海外留学を希望する本医学生へ

日本医科大学国際交流センターでは、学生の国外留学の支援活動にも力を入れています。現在、日本医科大学では、学生が海外留学できる様々な道が開かれています。大学の正式な教育プログラムとして行われているのは海外臨床実習です。その他にも学生の自主的活動として行っている、東南アジア医学研究会によるタイやアジア諸国への医学留学、Medical English Speaking Society (MESS)が中心になり国際医学生連盟(IFMSA)を通して行われているヨーロッパ諸国との短期交換留学があります。又、海外でのボランティア活動に参加している学生もいます。最近ではSummer Studentsとして欧米の一流医学研究機関で夏休みを過ごしている学生もいます。これらの活動に参加する学生に対し、国際交流センターでは新たに助成金制度を設立し経済的支援を行っています。