助成金について

海外留学を希望する学生を支援する目的で、国際交流助成金制度を平成17年から開始しました。本学の学生が、医学研究、臨床実習、医療貢献に関連したボランティアなどで海外に留学する場合、申請書に基づく審査を経て一人10万円を限度に支援を行います。海外選択CCや部活動(東南アジア医学研究会やIFMSA)に限らず、個人としての活動でも内容次第で対象になります。

日本医科大学医学部学生国際交流助成

目的

国際的視野を持ち、世界で活躍できる医師・医学者を育成することを目的に、日本医科大学医学部学生の国際交流活動を支援する。

助成対象

  • 協定校などの医療機関への、医学研究あるいは臨床研修を目的とした短期留学(語学留学、病院見学を除く)
  • 国際的医療貢献に関係したボランティア活動
  • その他、国際交流センターが認めた国際交流活動

申請者

日本医科大学医学部学生であること。個人、学友会公認団体、任意団体からの申請を受理する。

助成額

1人につき10万円を限度とする。

申請方法

  • 申請書(国際交流センター E-mail:kokusai@nms.ac.jpに申し出ること。)
    ダウンロード
  • 国際交流であることを証明できる書類(例えば留学先からの受け入れ証明書、ボランティア活動への参加許可書)
  • 欠席届(写し):国際交流に参加するために授業、実習、試験を欠席する必要がある場合には、担当教官の許可を受けるとともに、欠席届を大学事務部教務課又は武蔵境校舎事務室に提出する。
  • 報告書(留学、国際交流活動後の報告書):帰国後1カ月以内に提出する。

申請締め切り

国際交流センターを申し込みの窓口とする。申請は原則として実施前とし、随時受け付ける。

審査

助成金支給の可否、助成金の額は年4回(3.6.9.12月) 国際交流センター運営委員会の小委員会によって決定される。
審査にあたっては以下の点が考慮される。

  • 国際交流の内容、期間
  • 本人の国際交流活動への姿勢、準備状況(含む 英語力)
  • 他の助成制度からの受給の有無、過去の受給歴
  • 成績、出席状況
  • 報告書の内容

貸与奨学金について

医学研究及び臨床実習のために海外留学を行う日本医科大学医学部学生に対して経済的支援を図ることを目的として、奨学金貸与制度を制定いたしました。

日本医科大学医学部海外留学奨学金

目的

医学研究及び臨床実習のために海外留学を行う日本医科大学医学部学生に対して経済的支援を図る。

対象となる留学

  • 米国国立衛生研究所(NIH)等への夏期研究留学(Summer Students)
  • 協定校での海外選択CC(ジョージワシントン大学、南カリフォルニア大学、ハワイ大学、チェンマイ大学、タマサート大学、中国医科大学)
  • その他、大学が認めた海外の研究施設、医療施設への留学。ただし、語学留学や単なる病院見学は除く。

申請者

日本医科大学が認可した研究留学及び臨床実習を行う学生10名以内。

貸与額

1人につき50万円を限度とする。貸与した奨学金は無利子とする。

申請方法

海外留学奨学金貸与申請書に必要事項を記載後、国際交流センターへ提出する。申請は随時受け付ける。

選考方法

国際交流センターに国際交流奨学金小委員会において、書類選考により決定する。

返済方法

貸与された奨学金の返済は、奨学金貸与者の卒業後3年目から5年間の元金均等割賦の方法により行う。