所長のごあいさつ

所長のごあいさつ

橋本 和政 Hashimoto Kazumasa

所長 平間 章郎 Hirama Akio
経歴 平成14年 獨協医科大学 医学部医学科卒
同年 日本医科大学 旧第二内科
(神経腎臓膠原病リウマチ内科)入局
その後、日本医科大学付属病院 腎臓内科医長を経て、
腎クリニック所長となる。
日本内科学会    認定内科医
                         総合内科専門医
日本腎臓学会 腎臓専門医
日本透析医学会透析専門医

当クリニックは、維持透析施設として平成9年2月に開設されおかげさまで20周年を迎えました。
この20年間に透析療法は大きく進歩していますが、それとともに透析患者さんの高齢化や糖尿病、循環器病変、悪性腫瘍など重大な合併症を有する患者さんが増加しています。
当院でも付属病院他診療科だけではなく、他大学や他の専門医療機関で同時に治療を受けている患者さんが増加しています。
それに伴い当院も透析のみならずかかりつけ医としての役割が増え、他科との治療の調整だけでなく一緒に治療を行っていくことも必然的に多くなっています。患者さんに起きている病態の説明と他の疾患の可能性、種々の治療法の特性と問題点、治療の流れ、内服上の注意、副作用や効果判定の時期など具体的に細かく説明し、透析だけではなく全人的に診てどの治療を優先すべきか患者さんと話し合って決定しています。

一方で透析患者さんの間では自己の病気に対する理解度や自己管理能力に大きな差が見られます。腎不全期と異なり、維持透析導入期には食事内容、内服薬、生活習慣などが大きく変化します。この時期に十分時間をかけて教育を受けた患者さんはその後も安定した維持透析を受けられることが多い傾向があります。ですが、早期退院を目標とした入院での透析導入では、十分な教育のための時間が取れない可能性があり、当院では付属病院腎臓内科との連携を強化し積極的に外来での透析導入を行っています。
また、腎代替療法の選択外来の役割も含め腹膜透析外来も開設しており(要予約)、腹膜透析・血液透析併用療法を中心として積極的に加療を行なっております。

その他、家族性高コレステロール血症に対する LDL アフェレーシスや潰瘍性大腸炎に対する白血球除去療法を行っています。

フットケア炭酸泉浴

腎クリニック

【所在地】
〒113-0021
東京都文京区本駒込1-7-15
アサカビル

メールjin-kuri@nms.ac.jp

アクセス

診療時間

○月〜土

8:30〜18:00

※外来透析(透析ベッド数:21床)

診療時間