倫理委員会

日本医科大学武蔵小杉病院では、大学病院として常に高度な医療を皆様に安全に提供できるように臨床研究を推進しています。臨床研究は、ヘルシンキ宣言(1975東京、2008年ソウル改訂)の趣旨に沿ってしかるべき倫理的配慮が図られているか否かについて、倫理委員会にて厳正な審査を行った上で実施いたします。そこで、対象となる患者さんには、研究の目的や内容等を充分にご説明の上同意書を準備し、書面でご承諾をいただくことになっておりますので宜しくご協力ください。データの取り扱いに際しては、患者さん個人が特定される取り扱いはいたしませんのでご安心ください。
過去の記録情報(カルテ、画像、写真、検査等)や残余検体(検査・手術終了後に残った血液・組織等)を用いて臨床研究が行われることもありますが、これらの場合は、原則として個別に患者さんにお話ししてご同意を頂くことはいたしません。また、現在の記録情報や残余検体が、将来臨床研究に使用されることもありますので、ご了解ください。
ご賛同いただけない患者さんは、担当医にお申し出ください。「不同意書」を提出して頂きますが、これにより治療上の不利益を被ることはありません。
ご不明の点がありましたら、ご遠慮なく担当医にお尋ねください。
「不同意書」は、病院1階の患者相談室に備えてあります。