ホーム>診療科・部門のご案内>血管内・低侵襲治療センター

血管内・低侵襲治療センター

⾎管内・低侵襲治療センター 部⻑ ⽥島廣之

高度先進医療の大きな柱のひとつとして平成22年4月に新設されました。
血管内・低侵襲治療とは、開頭・開胸・開腹手術の代わりに、画像を見ながら、経皮的に体内に細い管を入れ、病気を治す新しい治療法です。
特に高度な血管内治療に関しましては、認定施設において認定医・指導医のみが手技を行うように、厚生労働省より指導がなされています。現時点では胸部・腹部大動脈瘤に対するステントグラフト治療と頸動脈狭窄症に対するステント治療がこれに当たりますが、当施設はすべての治療が認定されております。
実際には、放射線科を中心とした血管内治療の専門医が診療の核となりますが、内科・外科・麻酔科など診療各科との緊密な連携により治療がおこなわれます。また、診療放射線技師、看護師、超音波担当技師、ME担当技師、事務などのスタッフも担当させていただきます。

血管内・低侵襲治療センター 部長 田島 廣之

受付時間

ご来院される際は、お時間に余裕をもってお越しください。

初診受付時間 午前8時30分~午前11時30分
診療曜日 水曜日(水曜日以外応相談)医療機関からの予約制
紹介状をお持ちの方 紹介患者専用受付(A館1階 医療連携室)
紹介状をお持ちでない方 初診受付(A館1階 1、2番窓口)

お問い合わせ

予約に関するお問い合わせ(医療機関からの予約制)

日本医科大学武蔵小杉病院
〒211-8533 神奈川県川崎市中原区小杉町1-396
TEL: 044-733-5181(代表) ⇒ 放射線科受付