ホーム>診療科・部門のご案内>形成外科>皮膚がん(癌、悪性腫瘍)とその治療

皮膚がん(癌、悪性腫瘍)とその治療

皮膚がん

 皮膚の「できもの」で最も大切なこと、それが良いものであるか悪いものであるかです。つまり放っておいて構わないものなのか、あるいは命に関わる可能性のあるものなのかです。
 長期間の紫外線曝露、ウイルス感染、慢性刺激(ヤケドや怪我や放射線治療など)、これらで傷ついた細胞の修復が追いつかずにある時突然に発症するのが「がん」です。

皮膚がんの原因

有棘細胞癌

 「ジュクジュクした赤い盛りあがり」のように見えることが多く、独特な‘匂い’がします。主に紫外線が原因とされるため、顔の中でもデッパっている箇所(頭部、鼻、耳、唇、瞼まぶた)に発生することが多く、皮膚の有棘層という場所に生じるがんです。

 悪性の腫瘍で最も大切なことはしっかりと腫瘍を取り切ることです。そのため一見正常に見えても悪性腫瘍がいる可能性のある周囲の組織を4―10mm程度併せて切除します。取り切れていることが顕微鏡の検査で確認された後(病理検査)、可能な限り術前に近い見た目になるような再建(がんを切除してできた穴を埋める手術)をします。人工の皮膚、別の箇所からの皮膚移植、周囲の組織を使った皮弁術などを用いることが多いです。
 また、リンパ節など他へ‘転移‘している可能性が疑われる場合は事前に検査(超音波、CT、PETなど)を提示することがあり、転移した病巣の治療や、放射線治療などの総合的な加療が必要になる場合もあります。

がんの切除方法

基底細胞癌

 「ホクロのような黒い盛り上がり、テラテラした光沢があるホクロ」ように見えることが多く、有棘細胞がんと同様に顔面に発生することが多い、皮膚の基底層という場所に生じるがんです。
 悪性の腫瘍で最も大切なことはしっかりと腫瘍を取り切ることです。そのため一見正常に見えても悪性腫瘍がいる可能性のある周囲の組織を併せて切除します。取り切れていることが顕微鏡の検査で確認された後(病理検査)、可能な限り術前に近い見た目になるような再建(がんを切除してできた穴が単純に縫い合わせられずに残った場合にそれを埋める手術)をします。人工の皮膚、別の箇所からの皮膚移植、周囲の組織を使った皮弁術などを用いることが多いです。他多くの癌と異なり、基底細胞癌が転移することは稀ですが、再発や浸潤(周りや皮膚の深くまで癌が拡がる)を防ぐためにしっかりと取り切ることが大切になります。

悪性黒色腫

「歪(いびつ)な形のホクロやシミ、爪の中に黒い縦に伸びる筋」として認めることがあります。見た目や検査(ダーモスコピー)で悪性黒色腫が疑われた場合、超音波やCT、PETなどを用いて腫瘍の厚みや転移・広がりを(どれほど悪いものなのか)確認してから治療を行います。悪性黒色腫 悪性黒色腫には「結節型」「悪性黒子型」「表在拡大型」「末端黒子型」4つのタイプがあります。原因は未だ不明であるものの、日本人は手足の末端黒子型が多く、足や指、爪などいつも刺激を受けていることが原因の一端ではないかと考えられています。
 悪いできものといっても、痛みなどの症状が出現することは少なく自覚しづらいと思いますが、1.ホクロが急に大きくなってきた、2.出血するようになった、3.形がおかしい(単純に丸とかではない)、4.爪に黒い線が出てきた、5.できものの色が1色ではない(濃淡が明らか)、などありましたら病院を受診する目安になります。

皮膚がんの治療方法

【手術】

腫瘍そのものと、腫瘍が拡がっている可能性がある周囲の皮膚を併せて切除します。病理検査で詳細な診断がされた後、追加で切除が必要と判断されることもあります(取り切れていない、悪性度が強い組織であったなど)。また転移のある場合には転移した場所の腫瘍切除も考慮します。
切除した箇所は、小さければ1.縫縮(そのまま縫い合わせる)する場合もありますし、2.人工の皮膚で覆い病理検査を待つ場合もあります。がんが取り切れていると判断され、なおも皮膚に欠損がある場合3.植皮(耳周辺や鎖骨部、お尻や太ももなど)や4.皮弁術(周りの組織を使って元に近い形態を作成する)を用いて、可能な限り術前に近い見た目に戻したいと考えています。

1.がんの切除(十分に)

がんの切除

2.単純縫縮(左)と人工皮膚(真ん中)と植皮(右)単純縫縮・人工皮膚・植皮

3.皮弁術(術前に最も近い質感)皮弁術質感

【センチネルリンパ節生検、リンパ節郭清】

明らかなリンパ節転移が発見されなくても、最初に転移を生じる可能性があるリンパ節を同定し検査をすることで癌転移を早期に発見し延いては患者さんの生存率をあげることを期待するのがセンチネルリンパ節生検。この検査や、臨床的にリンパ節の転移を認めた場合には、領域のリンパ節を広く切除する根治的リンパ節郭清が必要になります。

 【薬物治療、放射線治療】

遠隔転移がある場合や腫瘍の切除が困難である場合など、外科治療の他に放射線治療や化学治療(薬物を使用した治療)を行うことがあります。われわれ形成外科だけではなく、腫瘍科、病理部門、放射線科などと協議し合同で治療にあたります。患者さん一人ひとりに合った最善の治療法を提示できるよう努めておりますのでいつでも担当医にご相談ください。

お問い合わせ

お問い合わせ先・時間

TEL: 044-733-5181(代表)
(平日:午後3時00分~午後4時30分)(土曜:午後2時00分~午後3時30分)

※診療への影響を避けるため、緊急時を除く診療科へのお問い合わせ等は上記の時間内にしていただきますようご協力をお願い致します。

再診予約日の変更・キャンセル
TEL: 044-733-5181(代表)⇒ 外来予約室
(平日:午前8時00分~午後4時30分)(土曜:午前8時00分~午後3時30分)

※祝祭日、年末年始(12月30日~1月4日)、創立記念日(4月15日またはその振替日)を除く。