専門分野

専門分野では、「概論(対象論、目的論)」「方法論」で構成しました。概論では、各期における対象とその家族の特徴、各期の対象の健康の考え方、健康破錠と回復過程を含めた教育内容に構成しました。方法論では、健康の保持・増進のための看護の方法、疾病・障害に伴う看護の方法を専門職業人としての態度の習得を含む教育内容で構成しました。また、各科目の教育内容の精選と一貫性を考慮しました。さらに、習得すべき看護技術の見直しを行い、各領域での教育内容を明確にしました。

基礎看護学

朝起きてから寝るまで、いままで普通にできていたことができなくなったらどうしますか?
基礎看護学では、いつもの生活が送れるように支援するための援助技術を学びます。私たちは相手の気持ちになって考えることを大切にし、少しでも患者様の気持ちが安らぎ、心地よく感じていただけるような援助が提供できる事を目指しています。理想の看護師に向かって、共に学んでいきませんか?

基礎看護学

在宅看護論

近年、社会情勢の変化(少子高齢化社会・疾病構造の変化・在院日数の短縮)や人生の終焉、終末期を住み慣れた自宅で迎える高齢者や障害者も増加傾向にあります。その方々の生活や人生の価値観を最優先した地域医療・在宅看護のニーズが高まっています。在宅看護は、健康問題をもちながら、住み慣れた自宅で生活する人々とその家族を対象として行なわれます。
在宅看護論では対象のQOL(生活の質・人生の質・生命の質)の向上をめざす為の看護活動の方法を、講義・演習・実習で学んでいきます。

在宅看護論

成人看護学

大人として生きていく過程の特徴を理解し、健やかな生活を営み健康を回復する為の看護の方法を学習します。
また、病める人の命を見守り、共に寄り添い相互に支え合う暖かい看護について人とのふれあいから学べる臨地実習も大切にしています。
そして、自らが「おとな」として成長し自律した看護師への夢と希望を実現できるよう、細やかな指導によってそれぞれの個性を育みます。

成人看護学

老年看護学

今、日本は超高齢社会となっております。その中で1990年「成人看護学」から「老人看護学」として独立し、1997年には「老年看護学」と改称されました。
このような背景から社会が看護師に求めているものの大きさを感じます。
老年期にある対象を「長い人生を歩んできた、かけがえのない存在」として受け止められるよう、学生を育てていきたいと思っています。
老年看護について一緒に学んでいきましょう。

老年看護学

小児看護学

少子化が進む中、児童虐待や不登校、小児医療の縮小など、子どもと家庭を取り巻く環境は厳しさを増しています。その中で子どもの健やかな成長・発達の為には何ができるのか?小児看護学では入院中の子どもだけでなく、様々な場面の健康レベルの子どもを対象に、最善の看護を提供できるように、知識・技術を学んでいきます。子どもたちの笑顔のために、ともに学びましょう。

小児看護学

母性看護学

皆さんは「母性」という言葉を聞いて、どんなイメージをもちますか?
例えば、母親が赤ちゃんを抱いている様子かもしれません。
あるいは本能と答える方もいるのではないでしょうか。
母性看護学は「母性」という概念に始まり、女性のライフサイクルにおける性と生殖を理解し、次の世代へと生命を連続させていくための看護とも言えます。
女性・男性の立場からお互いを思いやり、命について考えていきましょう。

母性看護学

精神看護学

こころの健康の保持・増進の方法や、人間関係のありようを学び、こころの健康問題を抱えた方々と家族が心身や社会生活にどのような影響をうけるのかを考えます。その上で、必要な看護を具体的に学び、実習において実践能力が身につけられるように、精神看護学の学習内容・方法を組み立てています。
経験を通して、援助的なコミュニケーションとは何かを考えながら患者理解を深め、更に自己理解を発展させていくことを目標とします。

看護の統合と実践

平成21年度のカリキュラム改正で新設されました。
基礎分野、専門基礎分野、専門分野を統合する看護基礎教育の集大成に位置づく分野です。
対象の状況に応じて、既習の知識・技術を引き出し、統合し、実践できるようにより臨床に近い状況を設定して学びます。

カリキュラム

日本医科大学看護専門学校

【所在地】
〒270-1613千葉県印西市鎌苅1955

【TEL】
0476-99-1331

アクセス

日本医科大学看護師募集サイト

学生ポータルサイト