卒業生からのメッセージ

平成28年度卒業 H.Iさん

私は、一般大学を卒業し、社会人経験を経て看護師を目指しました。そのため、学費や自宅からの通学、最先端の医療が学べる大学病院に付属していることなどが、この学校を志望した理由です。

学校生活では、1年次は宿泊研修などのグループワークにより、色々な人と関わることで、多くの刺激を受けることができます。2年次は病院実習が始まりますが、臨床指導者や先生方が些細なことにも相談に乗ってくれるため、とても心強かったです。3年次は多くの模擬試験があることによって、自分の苦手分野の発見につながりました。

一番印象に残っていることは、病院実習の際に患者さんから感謝の言葉や手紙をいただいたことです。学生の私は、患者さんの話を聴いたり簡単なケアしかできませんでしたが、患者さんのそばに寄り添うことも看護の一つであると感じました。

就職後、改めてこの学校に入学して良かったと感じています。実習先が付属の病院であるため、先輩方と顔見知りになることができ、就職後の職場の雰囲気も想像しやすかったです。また、ほとんどの同級生が日本医科大学の付属4病院のどこかに就職するため、周りに知り合いが多くとても心強いです。

ぜひ日本医科大学看護専門学校で同じ夢を持つ仲間を作り看護師を目指してください。

日本医科大学付属病院 内科系病棟 勤務

平成27年度卒業 M.Kさん

武蔵小杉病院 小児病棟 勤務

オープンキャンパスに参加した際、とても雰囲気が良く、自分もこの学校で学びたいと思ったことが一番の志望理由です。学校の周りは自然に囲まれており、静かな環境の下で学習できること、4つの付属病院があり実習内容が充実していることも魅力の一つです。

先生と生徒の距離が近く、授業でわからないことや実習や進路等の相談にも親身になって聞いてくれます。合同レクリエーションやサークル活動もあり、同学年だけではなく先輩後輩とも交流を深められる行事もあります。

約一年間の各論実習は辛いこともありましたが、それ以上に学ぶことが多く、何より実習のメンバーに支えられて乗り越えられたことが強く印象に残っています。また、授業が早く終わった日や休日も学校の友達と出かけたり、食事に行ったり、テストや国家試験の前は一緒に勉強をしたり毎日充実していました。

ほとんどの卒業生が付属の4病院に就職するため、専門学校時代からの同期とともに、看護師として働くことができます。学校も病院も雰囲気が良いため、志望校に悩んでいる方は、ぜひオープンキャンパスや説明会(学校祭)に足を運んでみてください。

平成25年度卒業 Y.Yさん

私は、父親が病院に入院した際、実際に働いている看護師の姿を見て憧れを抱き看護師になりたいと思いました。家から近く、身近な病院が日本医科大学であったため、この学校を志望しました。

授業や実習などに追われる毎日でしたが、振り返ると充実した学校生活でした。実践的な実習はとても印象に残っています。実際に患者さんと関わり、学内で学んだケアを提供させていただいたことは、今現在働く中でも看護技術や知識として生きていると感じています。

最初は、患者さんとのコミュニケーションがあまり得意ではなかったのですが、実習で色々な患者さんと話をすることで、患者さんの病気に対する考えや生活背景、嗜好など細かいことが分かるようになり、私自身も日々刺激を受けながら成長することができました。実習によって実際に患者さんと関わる機会を得ることにより、看護の難しさや重要性を再確認することができました。学生時代を振り返ると、とても貴重な経験でした。

3年間はあっという間で、実習や試験などで大変なことも多いと思います。看護師になってからも学ぶことはたくさんあります。同期や先生方、さらに患者さんなど色々な人と出会うことができる環境の中で、今後同じ看護師として一緒に働けることを楽しみにしています。

多摩永山病院 内科系病棟 勤務

平成26年度卒業 T.Oさん

武蔵小杉病院 小児病棟 勤務

私は、ドクターヘリや高度救命救急センターのある病院で臨地実習を行える環境に魅力を感じ、この学校を志望しました。

付属の4病院との連携による臨地実習が行え、教員と指導者の手厚いサポートのもと、現場での看護技術を学ぶことができます。学校生活では、生徒一人ひとりに合わせた指導を行い、不安や悩みがあればいつでも相談できる環境の中で、看護師に必要な社会性、人間性を学ぶことができます

1年次に人間関係論の授業の一環で、群馬県に行ったことが印象深いです。同じ学年でも知らない人はたくさんいましたが、2日間一緒に過ごすことで親睦を深めることができ、看護師として働くために必要な人間関係の築き方、大切さを学ぶ貴重な体験ができました。

災害訓練では、実際の災害現場や被災者を再現し、トリアージや限られた物品の中での看護の仕方、被災者家族への対応など、災害時に必要な看護師としての知識、技術、態度を学ぶことができました。

困難に直面した時、それまで努力してきた時間が自分を支えてくれます。みなさんも看護師になりたいという強い気持ちを持って、目標に向かって頑張ってください。

入学をお考えの方

日本医科大学看護専門学校

【所在地】
〒270-1613千葉県印西市鎌苅1955

【TEL】
0476-99-1331

アクセス

日本医科大学看護師募集サイト

学生ポータルサイト