トピックス

「COPD(慢性閉塞性肺疾患)と言われたら…」

【著者】
木田厚端 日本医科大学特任教授

【出版】
保健同人社

【目次】
1章 COPDってどんな病気
2章 COPDの検査と診断
3章 COPDの治療
4章 快適な生活を送るために

慢性気管支炎・肺気腫と呼ばれてきた疾患がCOPD (慢性閉塞性肺疾患)と名称が国際的に統一されたのは2001年のことでした。WHOの肝いりで発足したGOLD(Global Initiative for Obstructive Lung Disease)(通称ゴールド)委員会の活動は、GOLD日本委員会も発足し医療者だけでなく一般市民へのCOPDに対する啓発効果を著しく高めました。わが国では日本呼吸器学会がCOPD診断と治療のためのガイドライン第3版を発行(2009年)、日本医師会が「日本COPD対策推進会議」を発足させ(2010年)、厚生労働省が「健康日本21」にCOPDを加えることを決めました(2012年)。しかしCOPDという病気の知名度はいま一つです。1万人を対象にしたアンケート調査では、2009年には病名として知っていると回答した人は5.1%に過ぎませんでした。2011年、同じ調査では7.1%が知っていると答えています。少なくとも聞いたことがあるという人は12.6%から18.1%に増えていますが、残念ながら知られざる病気であることは変わりがありません。2001年、わが国の疫学調査では40歳以上の8.6%であり推定530万人と発表され医療者を驚かせました。同じ年にCOPDの患者調査では約20数万人と言われていたからです。名称が二転三転するなどして医療者ですら混乱しているところがありますがCOPDは今なお一般市民にはなじみの乏しい病気であることには変わりはありません。「陸で溺れるようだ」、「真綿でゆっくり首を絞められていくようだ」、COPDの患者さんの訴えは深刻です。近年の研究でCOPDは呼吸器の病気というより他の生活習慣病との共存状態が問題であるとされています。事実、COPDの患者さんの30%は虚血性心疾患で死亡しています。肺がんも多くみられています。
本書は、保健同人社が生活習慣病をシリーズで取り上げている中の1冊です。「お医者さんの話がよくわかるから安心できる」というのが共通の副題になっています。分かりにくい病気だと医療者にも言われているCOPDを少しでも分かりやすく、また最近の研究成果を伝えたいと欲張りながら書いたのが本書です。広く読まれ対策が進むきっかけになってくれることを願っています。

トピックス一覧へ戻る

日本医科大学呼吸ケアクリニック

【所在地】
〒102-0074
東京都千代田区九段南4-7-15JPR市ヶ谷ビル8階

アクセス

診療時間

初診受付は平日午前中のみの受付となりますのでご注意ください。

午前 9:00~12:00

日曜日を除く9:00~12:00が受付時間です。

午後 14:00~16:00

月曜日と木曜日は14:00~18:00、それ以外の曜日は14:00~16:00です。土日は休診いたします。

※受付は30分前まで
※休診日…日曜日・祝日

診療のご案内