術後患者観察のためのシミュレーション研修(付属病院)

2019/12/28

10月と11月の2ヶ月間で、術後シミュレーションを医学部 (Clinical Simulation Laboratory:C. S. Lab) において全8回実施しました。この学習は、手術後に一般病棟に帰室した患者の観察を系統立てて行うシミュレーショントレーニングです。 異常の早期発見はもちろんのこと、手術時に挿入されたドレーンの取り扱い方や、PCAポンプの仕組みを実機に触れながら学ぶことができ、参加された方々からも具体的な行動レベルで知識を獲得できたと高評価をいただきました。 付属病院 教育支援室