ナースの一日

7:40 出勤

子どもを保育園に送って出勤します。 初療室担当夜勤者より情報を得て、夜勤帯の状況を把握します。 また、救命病棟全体の患者さまの状態を把握したうえで、スタッフとその日1日の予定を調整します。
画像: 

8:00 申し送り

出勤すると、まず夜勤者からの申し送りをベッドサイドで受けます。その場で患者さまに状況を確認することもあります。 患者さまのおかれている状態を正確に把握し、継続した看護が実践できるよう心がけています。
画像: 

8:45 カンファレンス

画像: 
その後救命病棟スタッフ・初療担当とカンファレンスをします。 検査データ・放射線画像見て、診療看護師や認定看護師からアドバイスを受けることもあります。 新人看護師の業務状況を把握したうえで指導をします。必要であれば一緒にケアを実践しながらサポートをします。 検査、処置、ケアの時間を確認し、患者さまの意向にも合わせながらタイムスケジュールを立案していきます。

9:30 初療室整備

初療室担当の場合は、初療室の整備を最優先で行います。初療室では、搬送された患者さまに対し、緊急の手術や処置、救急蘇生を実施します。 患者さまを受け入れる状況をイメージしながら、安全で的確な初療看護が実践できるよう、不足のないよう準備を行います。

10:00 ホットライン対応

画像: 
川崎市消防局とホットラインで結ばれており、救急現場で救急隊が重症と判断した患者さまを24時間365日受け入れています。 現場からの救急隊情報を基に、系統的に情報整理を行い患者さまの受け入れ準備をします。

10:10 初期治療介助

命の危機に直面した重篤な患者さまが多く搬送されてきます。 初療室における看護師の役割は、救命処置を行い患者様の命を救うことです。医師の診療を補助し、円滑に処置が進むように介助をします。また、病状説明に同席して家族対応をします。
画像: 
画像: 
初療後、診療看護師との初療業務のデブリ―フィングを行い、指導を受ける事もあります。

12:30 休憩時間

休憩中は、休憩室や食堂でスタッフと、雑談を交えて食事をして過ごすことが多いです。先輩・後輩関係なく仕事やプライベートの悩み相談もします。この時間で一度気持ちをリフレッシュして午後からの業務に備えます。

13:00 ドクターカー要請

画像: 
病院所在地の武蔵小杉は再開発が進み、人口も増加傾向です。人口増加とともに、ドクターカーの要請も増え、医師・救急救命士と連携した安全で迅速な対応が求められています。

16:00 申し送り

継続した看護を提供するため、日勤帯での患者さんの経過を夜勤担当の看護師に申し送りをします。朝の申し送りと同様、患者さまのベッドサイドで行います。

16:30 終礼 振り返り

画像: 
今日一日の出来事や良かった点、改善すべき点等をデブリーフィングし、振り返ることで日々の経験を積み重ねています。