スペシャリスト

SPECIALIST

感染管理認定看護師

感染管理認定看護師は、感染対策に係る組織やチームが機能し、効果的な感染管理活動を実践できるように中心的役割を担います。活動内容としては、①疫学の知識に基づく医療関連感染サーベイランス、②ケア改善にむけた感染防止技術の導入と教育、③最新のガイドラインに基づき尚且つ施設の状況に合わせた病院感染対策マニュアルの作成や改定があり、それらを組織横断的に推進することで効果的な感染管理が実践可能となります。

緩和ケア認定看護師

緩和ケアは、がんと診断されたときから始めます。身体や心の辛さが大きいと体力を消耗し、がんの治療を続けることが難しくなります。そのため、がんと診断されたときから「辛さを和らげる=緩和ケア」を始めることが大切です。早い段階から緩和ケアを受けた場合QOLが改善され、予後にも良い影響があると報告があります。当院では緩和ケアチームが患者さん・ご家族の気がかりと向き合い、一緒に解決することを目標にしています。

がん化学療法看護認定看護師

がん化学療法は抗がん剤等のがん化学療法薬により、がん細胞の死滅や減少を目指す薬物療法です。治療には様々な副作用が伴うため、これに対するケアが重要となります。このため医師、薬剤師等の多職種で連携し、その方に合ったケアを実践しています。また、治療を納得して受けていただけるよう意思決定場面での治療選択を支援しています。さらに安全・確実・安楽ながん化学療法を行うためにスタッフへの教育や指導も行っています。

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師

脳卒中とは、脳梗塞、脳出血、クモ膜下出血の総称です。脳卒中リハビリテーション看護とは、脳卒中患者さんに対し、発症から自宅に戻ってからの再発予防まで全人的サポートをする為に生れました。役割として超急性期の集中ケアと早期リハビリテーションによる残存機能の維持と促進です。今後患者さんは、人生をかけ疾患と向き合う事になります。当院は、院内だけでなく県内各期施設とも連携をはかりライフサイクルサポートに努めています。

乳がん看護認定看護師

乳がん患者さんは長い経過をたどります。 その中で、告知後の心理的サポートや、治療方法を選択するためのアドバイスやサポート、治療の副作用やリンパ浮腫の予防やケアなどを行っています。ほかの患者さんはどのようにしているのかなどの相談も受けています。また、院内のスタッフの研修を行い、充実したケアが実践できる様に働きかけています。

集中ケア認定看護師

集中ケアとは、心臓外科手術などの大きな手術後や外傷などの重傷かつ集中治療を必要とする患者さん、ご家族への看護をいいます。医学的知識に裏付けされたフィジカルアセスメント技術を用いて病態の変化を予測し、重篤化を回避するケアを行います。また、早期からのリハビリテーションを行い1日も早く回復できるよう集中治療部、救命救急センターなどの医師や、他職種と協力して、生活者の視点からケアをすすめています。

摂食・嚥下障害看護認定看護師

摂食・嚥下障害とは、食べること全般において何らかの障害があることをいいます。 この障害は、窒息、誤嚥性肺炎、脱水、低栄養など生命を脅かす問題となり、さらに食べる楽しみが奪われるといった生活の質に影響する問題にもなります。 対象となる患者さんの摂食・嚥下機能を評価し、適切な摂食・嚥下訓練を選択して実施しています。また、NST(栄養サポートチーム)の委員として他職種と連携し、チームアプローチを実践しています。

糖尿病看護認定看護師

糖尿病の治療は患者さんのライフスタイルや背景、考え方が病状に反映されるため、生活習慣に主眼が置かれます。患者さんやご家族と個別相談を行い、心理的なストレスの緩和を図りながら個別のライフスタイルに合わせた生活調整の工夫について専門的知識や技術を提供していきます。また、糖尿病の予防、合併症を持つ入院患者さんへも適切なケアが行われるよう集団向け教室の運営やコンサルテーション、院内や地域の看護スタッフへの研修などを行い、糖尿病ケアのシステムが確立されるよう活動しています。

がん性疼痛看護認定看護師

痛みは身体的な痛みとしてだけでなく、精神面、社会面、スピリチュアルな面へ影響を及ぼします。がん性疼痛看護認定看護師として、痛みの身体的アセスメントを行うと共に、精神面や社会面、スピリチュアルな面で苦痛がないか、患者さんのお話を伺い痛みのコントロールを行っていきます。また、緩和ケアチームと共に活動し、早期からの緩和ケアが実践できるように(ご家族のケアや看護師教育を含む)活動しています。

皮膚・排泄ケア認定看護師

皮膚・排泄ケア看護とは、創傷ケア・ストーマケア・失禁ケアの分野を指し、この分野に共通するスキンケアを中心とした看護についてのコンサルテーション活動(ケアの実践、患者家族への指導、看護師への教育)を、行っています。また、褥瘡管理者として褥瘡ハイリスク患者のラウンドや褥瘡回診を担当し、さらにストーマ外来や褥瘡専門外来にも携わるなど、院内での活動は横断的で多岐に亘ります。