その他・活動実績

OTHER & ACTIVITY

院内保育園

すくすく保育園

子育てしながら安心して働くことができるように、育児休暇後もスムーズに現場復帰ができるように…と念願の院内保育園が平成25年4月にOPENしました。看護師をはじめ職員の子どもたちが、毎日元気に過ごしています。小規模保育園の良さであるアットホームで目の行き届いた保育がされ、安心して勤務を続けることができます。


院内でのイベント

新入職員歓迎会

4月入職者を対象に院内全体で歓迎会を行います。部門を超えて病院全体で新入職の方を歓迎し、皆で楽しい時間を過ごします。



患者支援センターの活動

当院には患者支援センターがあり「医療福祉支援室」「患者支援室」「がん相談室」からなり、それぞれには看護職員が配置され活動をしています。

医療福祉支援室

MSWとともに退院調整看護師が入院中から介入し、患者さまが安心して自宅に退院できるように、また治療が継続できるように在宅医療へ、あるいは転院ができるようにサポートを行っています。


患者支援室

患者さまがスムーズに手続きをし、入院病棟へと行けるように入院時のサポートを行います。また、外来受診時の診療科への案内やご相談に対応しています。


がん相談室

ここでは2名の専門看護師(がん看護・精神看護)が、がんに関わる様々な相談に対応し、ケアの提供をしています。


クリティカル領域の活動

救命救急センター・血管内低侵襲治療センター

救命救急センターは外傷、熱傷、中毒はもちろんのこと、心臓血管や大血管の疾病に対して、
血管内治療・手術を行う血管内低侵襲治療センターと協働しています。
看護スタッフは集中治療を必要とする患者さまが、早期に自立した日常生活を送れるように
ケアの提供と、血管内治療・手術の介助を行っています。


集中治療室(ICU・CCU)

当院の集中治療室では、侵襲の高い術後患者および循環器疾患における急性期治療等を行っています。関連病棟との連携が重要となります。


NICU・GCUについて

NICU 6床(3:1配置)
GCU 12床(6:1配置)
対象: 在胎27週以降 、出生体重1000g以上(在胎34週未満 、出生体重 2000g未満)
低出生体重児、呼吸障害、感染症、先天異常児などを中心に入院されます。
低出生体重児でも2000gを超え合併症がない限り、母児同室でお母さんと一緒に帰ることを進めています。また退院後は、NICUに入院したベビーを中心とした発育・発達のフォローアップ外来を開いております(毎週水曜日午後)。


周産期・小児医療センターの活動

小児病棟及びNICU・GCUの改修工事を行い、平成23年10月より周産期・小児センターとして、妊娠から出産、そして子どもたちへ…充実した医療が提供できる環境となりました。それぞれの領域だけでなく、横のつながりも大切にしながら、妊産婦さんそして子どもたちに安全で安心できるような医療が提供できるよう日々努力しています。


周産期領域

産科病棟について:
当院の産科病棟は年間1000件弱のお産件数であり、スタッフは全員助産師で構成されています。妊婦さんが安心してお産を迎え、育児に臨めるよう産科医師や小児科医師と連携し、妊産婦・褥婦さんのケアにあたっています。


助産外来について:
外来では助産師による妊婦検診(助産外来)も行っています。


小児領域

当院の小児病棟には一般小児病棟およびNICU・GCUが併設されています。それぞれユニットとして分かれています。


一般小児病棟について:
20床 (小児入院医療管理料2 , 7:1配置)
対象年齢15歳まで

小児内科系:
消化器内科・呼吸器内科・循環器内科・神経系疾患の患児が入院をしています。疾患としては肺炎、急性胃腸炎、川崎病、痙攣性疾患、ネフローゼ症候群、尿路感染症等幅広い疾患の患児がされます。

小児外科系:
頭頚部、胸部(肺・縦隔)、腹部(消化器・肝胆膵・泌尿器)など 内視鏡外科手術も取り入れています。その他、耳鼻科疾患や整形外科疾患の患児も多く入院されます。


研修等

周産期・小児医療センターでは毎月2回の勉強会が開かれ、またNCPR(新生児蘇生法)の研修も行われています。


治験コーディネーター

治験コーディネーターとは、CRC(Clinical Research Coordinator)
参加される患者さんの人権や安全を守り、治験が円滑に実施できるよう支援する役割です。

主な活動
  • 患者さんと医師の間に立ち、患者さんが理解しやすように治験の流れについて説明する。
  • 治験薬使用中の患者さんに対し、タイムリーに治験情報の提供を行なう。
  • 治験薬使用中に有害事象発生時の対応(補償・賠償)について説明する。
  • 治験依頼者への対応モニタリングと監査への協力を行う。