教育制度

  • 新人看護師支援体制
  • 日本医科大学武蔵小杉病院看護教員教育プログラム
  • 中途採用者教育
  • 潜在看護師復帰支援プログラム


基礎研修

 

◆新人看護師育成コース

  オリエンテーション期間が終了すると、年間を通じた新人研修が始まります。 モジュール型受け持ち看護方式における“代行看護師”として、患者さまへのケアが提供できるようトレーニングをしていきます。基本的な看護技術や自己のストレス管理について、また新人看護師に必要な管理・看護倫理についての研修を行います。さらに、実際に複数の患者を受け持ちながら看護過程の展開に関する演習を行い、次のます
  コースの後半では、シナリオを基にした多重課題シミュレーション、夜勤を想定した患者急変時の対応についてのシミュレーション研修を行います。

新人看護師育成コース最終日にはコース修了式を行い、修了書の授与とこれまで着用していた新人の証であるピンクのストラップから他の先輩と同じブルーのストラップに付け替えます。また、各部署の責任者により認定審査をうけジェネラリストラダー「レベルⅠ」が認定されます。