スペシャリスト

SPECIALIST

摂食・嚥下障害看護認定看護師

摂食・嚥下障害は疾患によるものだけではなく、加齢など様々な要因により引き起こされ「口から食べる」ことを困難にします。食べることは単に生命を維持するものではなく人間の感情に働きかけ、生活や人生を豊かにするものです。そのため「口から食べる」支援は患者さんのQOLの向上に繋がります。 患者さんの背景や思いを把握しながら急性期から「永く」「安全に」「美味しく」「楽しく」口から食べ続けられるような支援を目指しています。そして、急性期病院として、その看護を他施設や在宅等の次の段階へ繋ぐ役割があると考えています。

主な活動

・院内のコンサルテーションに対し、実践・指導・相談
・患者、家族、スタッフへの摂食・嚥下訓練やリスク管理、食事形態の選択、摂食時の姿勢調整、口腔ケア等の指導
・患者の摂食・嚥下機能評価
・NST委員会に参加し、栄養管理への参入   
・摂食・嚥下障害看護に関する研修の企画・開催
・在宅療養患者に対し、外来での摂食・嚥下リハビリテーションの実施

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師は、脳卒中で入院された患者さんが急性期から生活再構築へ向けたケアが早期から展開できるよう支援すること、また脳卒中再発予防のための健康管理について患者さんへ指導相談をしていく役割があります。現在は主に脳神経外科病棟を活動の場とし、早期から患者さんの社会生活へ目を向けた支援を看護スタッフやコメディカルと協力しながら実践していきます。脳卒中を発症された患者さんは個々に症状や障害が異なるため、個別性を踏まえたケアが必要になってきます。今後は脳卒中再発予防を踏まえ、脳卒中を発症した患者さんの社会生活を拠点とした看護活動を目指しています。

主な活動

・脳卒中発症による高次脳機能障害患者さんへの日常生活支援の実践と相談
・入院患者さんの脳卒中再発予防へ向けた指導・相談
・脳卒中患者のリハビリテーション看護に関する勉強会
・コンサルテーション依頼への対応

がん化学療法看護認定看護師

がん化学療法は、治療に伴い様々な副作用が出現し、患者さんは身体的・精神的に苦痛を生じます。この苦痛を少しでも軽減でき、治療が継続できるように、副作用の症状をマネジメントし、患者・家族へセルフケア指導や治療選択時の意思決定支援を行います。 また、院内のがん看護の質の向上、がん化学療法薬の安全な投与管理、職員の曝露予防についてのアドバイスを行います。

主な活動

・がん化学療法看護に関する学習会の開催
・病棟、外来での実践・指導・相談
・副作用マネジメントとセルフケア指導
・がん化学療法を受ける患者ケアについてのスタッフへの指導・相談

救急看護認定看護師

救急看護認定看護師の役割は、主に救命救急センターに所属し、急変対応実践能力向上のための教育・指導や災害対策等を行います。また、救急医療の場で救急患者家族の対応をエキスパートの技術を駆使して実践することです。

主な活動

・救命救急センターでの初療や入院患者の看護問題、ケアに関する相談を受け指導
・救急患者対応システムに参画し救急医療体制の整備を実施
・BLS(一次救命処置)やKIDUKI(患者急変対応)講習会を実施
・シミュレーターを用いてシナリオを通したシミュレーション研修やフィジカルイグザミネーションの研修を実施
・JNTEC(外傷初期看護セミナー)のインストラクターとして活動
・院内の防災活動やトリアージ訓練、DMAT活動における資機材の整備やマニュアルの作成
・地域の防災活動に参加

,

乳がん看護認定看護師

乳がんの治療は手術・放射線・内分泌・化学療法と多岐にわたり、長期間の療養が必要となります。20代から80代までのライフスタイルを考慮し、女性の目線で患者さんと共に考え、共に悩み、充分に納得したうえで治療が継続できるよう心がけています。病棟と外来とを横断的に関わることで情報を共有し、継続看護を目指しています。

主な活動

・病名告知後や再発・転移告知後の心理的サポート
・様々な段階において面談を行い、治療選択(意思決定)のサポート
・手術後の入院患者の直接ケア、スタッフ指導
・腋窩リンパ節郭清した患者に対してのリンパ浮腫の予防、症状緩和のセルフケア指導

皮膚・排泄ケア認定看護師

排泄は生涯、人間の基本的欲求であり羞恥心を伴う問題です。排泄経路の変更でストーマを造設したり、失禁により不安や悩みを持つ方々も少なくありません。そのような方に対して入院中だけでなく、少しでも生活しやすい環境を整え、気軽に悩みを相談でき支えになれる存在であることを目指しケアにあたっています。また、傷つきやすい皮膚や創のある方、特に褥瘡のある方に対してスキンケアを通してトラブルの予防や医師・他職種と協働して創傷治癒環境を整えます。

主な活動

・定期的な褥瘡・NST回診
・オストメイトへのストーマケア指導
・瘻孔ケア指導
・失禁ケア指導
・院内ラウンドにおいてコンサルテーションに対応
・院内の看護師を対象に皮膚・排泄ケア分野に関する勉強会の企画・運営

,

がん性疼痛看護認定看護師

がん患者さんの痛みのない、その人らしい生活を維持できるようケアの提供をしていきます。必要時、がんの痛みのある患者さんには、直接指導をさせていただいています。 緩和ケアチーム回診だけでなく、院内疼痛ラウンドを実施し病棟看護師と疼痛コントロール困難患者さんの疼痛マネジメントを行っています。また、院内看護師の疼痛アセスメント能力向上のため、講義・事例検討を通しての研修を実施しています。

糖尿病看護認定看護師

糖尿病看護認定看護師はこんな特技があります!! 1. 患者さんの生活と血糖値をみて、生活調整やインスリンの調整ができます 2. 患者さんの足をみて、いつまでもご自分の足で歩けるようにお手伝いできます 3. 糖尿病患者さんがその人らしい生活を送っていただくことを応援します 4. スタッフと共に糖尿病ケアを考えます

主な活動

・外来糖尿病患者さんへの糖尿病在宅療養指導                                          
・フットケア外来(足のアセスメント・処置・セルフケアの指導)の実施
・入院糖尿病患者さんへの教育・退院後の生活調整
・コンサルテーション
・看護実践能力スキル 糖尿病看護コース

,

感染管理認定看護師

疫学の知識に基づく医療関連感染サーベイランスの実施やサーベイランスに基づく感染防止技術の導入などを、施設の状況に合わせた感染管理プログラムの構築・実施・評価を行います。感染対策チームの中心的存在として院内ラウンドを実施し問題点の検討や現場の状況に応じた効果的な感染対策の実践指導を行います

主な活動

・細菌検査室との連携により、微生物検出情報の早期取得                
・微生物の特性に応じた二次感染予防策の指導、または担当病棟からの                          
コンサルテーションの対応
・サーベイランスの実施と現場へのフィードバック
・医師、薬剤師と協力し、適切な抗菌薬使用の管理

,

集中ケア認定看護師

急性かつ重篤な患者さんに的確な方法で日常生活の援助を行い、なるべく障害の程度が少なく回復できるよう、早期よりリハビリテーションを実践し、評価を行うことが集中ケア認定看護師の役割です。主にICUやCCUを活動の場としますが、現在の医療情勢は重篤な患者さんも病棟で看護し、また生命維持装置を装着したまま在宅へとシフトしています。 集中ケア認定看護師は在宅までも視野に入れた活動が求められています。

主な活動

・実践能力向上に向けた研修会の開催
・人工呼吸器装着患者のラウンド
・人工呼吸器装着患者の離床、ケア介入への支援・指導
・重症患者の看護実践、スタッフへの支援・指導
・ケースカンファレンスでのファシリテーション
・院外での講義

,

慢性心不全看護認定看護師

入院中の患者さまに限らず在宅療養をされている方を対象に、心不全患者の増悪因子の評価とモニタリングや患者さまの病態をとらえ、長期予後を見据えた生活調整を行い、QOLを維持するための療養支援及び意思決定支援を行います。さらに療養生活を支えるご家族のケアも行います。

主な活動

・心臓リハビリテーションの実施・評価 
・循環器疾患及び心不全患者様への日常生活指導
・慢性心不全手帳の配布
・心不全看護に関する学習会の企画  

手術看護認定看護師

周術期(手術前・中・後)における侵襲を最小限とし二次的合併症を予防するための安全管理(体温・体位管理・手術機材・機器の適切な管理等)を行います。さらに手術室だけでなく外来や病棟との連携を深め、患者さまがより安全・安楽に手術を受けられるよう周術期看護を行います。

主な活動

・手術看護の実践及びスタッフの指導.相談
・手術室における職業感染予防対策
・勉強会の企画・開催
・教育体制の見直し
・月1回新聞発行(手術看護・感染・褥瘡・医療安全について)

がん看護専門看護師

がん患者さんとそのご家族が、がんに伴う苦痛を感じることなくその人らしく過ごすことができるように全人的苦痛の理解を深め、病棟スタッフまたは緩和ケアチームの一員として緩和ケアを提供しています。また、がん患者さんとそのご家族の告知後の心のケア、療養上の場の選択支援等の意思決定支援を行っています。がん患者さんに関わる上での問題や看護師の悩みについては、コンサルテーションを通して介入しています。

主な活動

・緩和ケアチーム回診   
・がん看護相談外来
・がん看護相談会(不定期開催)
・地域連携における学習会、事例検討会
・緩和ケアにおける知識・技術の向上に向けての院内研修

老人看護専門看護師

高齢者が安全・安楽に入院生活を送り、自宅・施設・他院など退院後も最期の瞬間までその人らしく生活していけるよう、高齢者本人だけでなく家族や関係職種を全人的・包括的なアセスメントに基づいてサポートする。

主な活動

・高齢者の認知症症状やせん妄等への看護・退院調整  
・高齢患者及び家族、看護スタッフヘのサポート