ホーム > 診療科・部門のご案内 > 心臓血管集中治療科

心臓血管集中治療科

清水 渉

昭和48年に開設され、東京都CCUネットワ−クの事務局が置かれるなど国内有数の施設です。循環器疾患、特に急性心筋梗塞、心不全などの致死的急性疾患の診断治療に多くの科の専門医による最先端の知識、技術が総合的に生かされています。また種々の原因に基づく急性呼吸不全、ARDS、多臓器不全などの集中管理や、心臓手術後あるいは生体肝臓移植や骨髄幹細胞移植後の集中治療もここで行われます。

内科系医師と外科・麻酔科医師が連携した独特な形態をとる集中治療室です。

また、致死的重症心疾患の救急治療を行っています。内科外来、救急隊、あるいは他院からの紹介で入院します。急性心筋梗塞、急性心不全、狭心症、重症不整脈、解離性大動脈瘤、肺塞栓症などがおもに取り扱う疾患です。迅速な診断と薬物療法、カテ−テル治療、外科治療などにより救命し、安定後はおもに循環器内科の病室で退院までの治療を続けます。心臓手術後の管理も安心して行われます。

心臓血管集中治療科 部長 清水 渉

当室のおもな診療科目と検査内容

急性心筋梗塞

専用の心臓カテ−テル室にて、24時間体制で緊急の冠血栓溶解療法、冠血管形成術を行い、迅速な原因治療が可能です。ショック例も循環補助装置で救命されます。

急性心不全

正確な病態診断と最新の薬物、患者さんにとって負担の少ない鼻マスク陽圧呼吸などを用い治療されます。

不安定狭心症

十分な抗狭心症薬療法と冠血管形成術、正確な冠動脈バイパス手術により治療されます。

解離性大動脈瘤

放射線科、胸部・心臓血管外科との協力のもとに、内科治療、外科治療ともに良好な成績で治療されます。

急性肺血栓塞栓症

積極的な肺動脈造影に基づく診断と血栓吸引・破砕・融解療法を行い、下肢の静脈血栓の診断治療も最新の設備で行います。

急性呼吸不全

専門の麻酔科医があらゆる呼吸療法を駆使して治療にあたります。

心臓血管外科との連携

集中治療室のスタッフに心臓血管外科医が常時おり、緊急手術が必要な重症患者さんに素早く対応いたします。

その他

呼吸循環補助の必要な重症疾患すべて(成人呼吸促迫症候群、多臓器不全などを伴う)が対象となります。

おもな検査と特殊外来

各種心電図検査、運動負荷試験、ホルタ−心電図、心音図、超音波心エコ−図、経食道心エコ−図、心臓カテ− テル、不整脈電気生理検査など。専用の外来はありませんが、部長、講師、医局長が第1内科の外来を担当しています。特殊外来として心筋梗塞外来があります。また現在、胸痛センターの開設をめざして準備中です。

注意事項

集中治療室は特殊治療機関であり、入室患者さんの面会は午後2時00分~3時00分に限られます。ただし緊急の場合にはこの限りではありません。