診療録管理室

診療録管理室の紹介

診療録管理室では、診療情報管理士が中心となって業務を行っています。診療記録から様々な情報を読み取り診療録管理システムに登録しています。登録情報は統計作成や、大学病院の使命でもある研究や教育に役立てています。

主な業務内容

  • 入院診療録・画像診断フィルムの保管管理
  • 入院診療録・画像診断フィルムの貸出・閲覧対応
  • 退院時サマリーの確認・受領業務
  • 国際疾病分類による疾病や処置の分類と登録
  • 診療情報の統計・検索
  • 院内がん登録
  • 東京都地域がん登録
  • 診療記録等の開示

院内がん登録

院内がん登録について

当院は、地域がん診療連携拠点病院として院内がん登録を行っています。
院内がん登録とは、病院で診断・治療を行ったがん患者さんに関する情報(種類や拡がり、治療内容、予後情報など)を登録する仕組みです。当院では、国立がん研究センターにおいて研修を受けた職員が、国が定めた「院内がん登録標準登録様式」に則って登録を行っています。
 
登録情報は、個人を識別できない形式(暗号・匿名化)にして、国立がん研究センターへ「全国集計」として提出し、国のがん対策の基礎資料として活用されています。同時に全国がん登録事業(2015年までは東京都が実施する地域がん登録事業)にも提出しています。

また、生存率を把握することを目的に、定期的に予後調査を行っています。院内で予後情報が把握できない場合は、国立がん研究センターが実施する予後調査支援事業等により、各市区町村へ住民票照会を行っています。この事業での個人情報の利用について同意いただけない場合はその旨お申し出下さい。その場合でも診療に関しての不利益は一切ございません。お申し出のないものについては、同意していただいたものとして取り扱わせていただきます。お申し出は後からいつでも撤回、変更等をすることが可能です。


がん診療均てん化のための臨床情報データベース構築と活用に関する研究

当院は、地域がん診療連携拠点病院として院内がん登録を行っています。
院内がん登録とは、病院で診断・治療を行ったがん患者さんに関する情報(種類や拡がり、治療内容、予後情報など)を登録する仕組みです。当院では、国立がん研究センターにおいて研修を受けた職員が、国が定めた「院内がん登録標準登録様式」に則って登録を行っています。
 
登録情報は、個人を識別できない形式(暗号・匿名化)にして、国立がん研究センターへ「全国集計」として提出し、国のがん対策の基礎資料として活用されています。同時に全国がん登録事業(2015年までは東京都が実施する地域がん登録事業)にも提出しています。

また、生存率を把握することを目的に、定期的に予後調査を行っています。院内で予後情報が把握できない場合は、国立がん研究センターが実施する予後調査支援事業等により、各市区町村へ住民票照会を行っています。この事業での個人情報の利用について同意いただけない場合はその旨お申し出下さい。その場合でも診療に関しての不利益は一切ございません。お申し出のないものについては、同意していただいたものとして取り扱わせていただきます。お申し出は後からいつでも撤回、変更等をすることが可能です。

がん診療均てん化のための臨床情報データベース構築と活用に関する研究
当院では、国立がん研究センターが行っている「がん診療均てん化のための臨床情報データベース構築と活用に関する研究」に協力しています。
がん診療均てん化のための臨床情報データベース構築と活用に関する研究とは、日本のどこの病院でも質の高いがん医療が受けられるようにするため、がん医療の均てん化の推進を目的とした研究です。
詳細は、以下内容と国立がん研究センターがん対策情報センターのホームページをご覧下さい。


がん診療均てん化のための臨床情報データベース構築と活用に関する研究について (PDF:218KB)


個人情報の取り扱いについて

個人情報の取り扱いについては、「個人情報保護法」「医療・介護関係事業者における個人情報の適切な取扱いのためのガイダンス」及び当院の「個人情報保護方針」に則り、その取扱い、利用目的を制限し、個人情報保護に努めています。


診療記録等の開示について

当院では、「日本医科大学付属病院診療記録等の開示要領」に基づき、診療記録等の開示を行っています。ただし、
(1) 本人または第三者の生命、身体、財産、その他の権利利益を害するおそれがある場合
(2) 本院業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合
(3) 他の法令に違反することとなる場合
等は、お申し出に添えない場合もございますのでご了承下さい。
なお、診療記録等の開示には所定の料金が必要です。

1. 目的

医療従事者が患者さんに対して積極的に診療情報を提供することにより、両者が相互に信頼関係を築き、共同して疾病を克服することが可能となることを認識し、より質の高い開かれた医療を目指すこと

2. 開示請求者の範囲

(1) 患者本人
(2) 法定代理人(患者本人の同意をいただく場合があります)
(3) 診療契約に関する代理権が付与されている任意後見人
(4) 患者本人が委任した代理人(患者本人の同意を確認させていただきます)
(5) 患者が成人で判断能力に疑義がある場合は、現実に世話をしている親族及びこれに準じる者
(6) 患者が死亡した場合は、患者の配偶者、子、父母及びこれに準じる者

3. 開示方法

閲覧、謄写
※開示時間は、開始時間から原則1時間とし、2時間を限度とします。

4. 申請受付

受付窓口・・・本館1階 中央受付A
受付時間・・・月曜日~金曜日 9:00~16:00
(但し、祝祭日・創立記念日(4月15日)・年末年始(12月30日~1月4日)は除きます)

5.申請時提出書類

(1)「診療記録等の開示申請書」 ※印鑑が必要となります
(2)申請者の確認書類
(ア)本人の場合:本人確認資料(運転免許証、旅券、健康保険証等)
(イ)法定代理人の場合:申請者本人確認資料、資格を有することを証明する書類
(ウ)任意後見人の場合:申請者本人確認資料、資格を有することを証明する書類
(エ)患者本人が委任した代理人:申請者本人確認資料、委任状
(オ)患者が成人で判断能力に疑義がある場合:申請者本人確認資料、戸籍謄本または続柄を示す書類
(カ)患者が死亡した場合:申請者本人確認資料、死亡したことが証明できる書類(除籍証明等)戸籍謄本または続柄を示す書類

6.診療記録等の開示に関わる費用(消費税込み)

  • 開示手数料 5,400円
  • 面談料(医師立会い料) 10,800円 
    (面談時間は原則1時間以内。1時間経過後30分単位で5,400円加算)
  • 謄写料金
紙媒体診療録コピー 白黒コピー 1枚  54円
カラーコピー 1枚 108円
画像診断フィルムコピー 半切 1枚 1,404円
大角 1枚 1,188円
大四切 1枚 972円
四切 1枚 756円
六切 1枚 432円
電子カルテのカルテ印刷交付料金 1枚 10.8円
電子カルテからの画像取り込みCD・DVD等交付料金 1枚 1,080円

7.診療記録等の保存について

医師法第24条に規定されている診療録は5年間、診療に関する諸記録も一定期間の保存義務があります。当院 では、「診療録等の保存を行う場所について」(平成14年3月29日医政発第0329003号)に基づき、「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン」(厚生労働省)及び個人情報保護方針(プライバシーポリシー)を遵守し外部保管を行っています。