臨床検査部

はじめに

当臨床検査部は患者サービス診療支援を最優先に行い、適切な臨床検査情報を提供し、精度管理の徹底・迅速性の向上、安全性の確保、丁寧な対応を目標に掲げ実践しています。また、医療従事者相互の連携と調和に努め、高い専門性の習得と維持に努めています。

臨床検査部の各部門の紹介

事務部門

臨床検査部に関する事務手続きおよび連絡など、事務全般を行っています。

受付部門

患者検体が最初に到着する場所です。1日に約2000件の検体と項目の確認や入力を行い、遠心分離と分注を行っています。測定前段階まで集約処理し、各検査部門へ迅速に検査材料を送ります。また、翌日の予約検査の採取容器及び採血指示書等を作成し、病棟へ搬送を行っています。

生化学検査部門(日・当直時、緊急検査室)

生化学分野の検査と、日当直検査業務もここで行っており、第三次救急対応の特定機能病院の緊急検査室としてさまざまな検査を時間体制で正確且つ迅速に測定しています。

免疫血清検査部門

手術および輸血前の血液型検査や各種の感染症検査、自己免疫関連検査、甲状腺・性腺・胎盤等の内分泌学検査を行っています。

微生物検査部門

主に患者さんから採取した検査材料を培養し、各種の微生物を突き止めるとともに、この微生物に有効な薬剤を調べています。

血液一般・凝固線溶検査部門

白血球や赤血球の数や形態の検査を迅速に行っています。また、幹細胞移植のための検査など、新しい検査に積極的に取り組んでいます。凝固線溶系においては心筋梗塞、脳梗塞、糖尿病などの検査項目としても重要視されている分子マーカーの測定についても行っています。

尿一般生化学検査部門

尿や便は患者さんにとって負担の少ない検査です。特に尿は腎・泌尿器系疾患のみならず、様々な診断情報の一助として活用されています。また、神経系感染症の検査として重要な脳脊髄液、胸水・腹水等の体腔液や精液等の分泌液、寄生虫の検出・鑑別を行っています。用手法が中心となる検査ですが、自動化を推進し迅速に検査結果を報告しています。

救命救急検査部門

外来の棟にあり、生化学・血液一般・凝固検査を、採血・測定を一ヶ所で集中処理し、外来患者さんが最短の待ち時間で受診して帰れるよう迅速に検査を行っています。

診療前採血・検査部門

高度救命救急センタ-内にある検査室です。入室時の検査や集中治療のモニタリングとして血液型・血液ガス分析や脳波・心電図等のベッドサイドでの検査を中心に行っています。