病理部

当部門のおもな特徴

石井 英昭

病理部
病理診断は、治療方針の決定、治療効果の判定など、医療の根幹をなす極めて重要な部分です。当病理部では、院内の各科より提出された、生検、細胞診、外科切除検体、術中迅速診断標本を適切に処理し、病理専門医による肉眼的、顕微鏡的標本観察により、適切な病理診断を行っています。また、他臨床科との連携をより密にするべく、臨床病理カンファレンスを定期的に行い、臨床事項をからめた臨床病理学的研究も積極的に進めています。難解症例などは、東京の中心部という利点から、他病院病理医に早急にコンサルトできる体制も整っております。
また、当院では、“病理外来”と称して、病理医自らが担当する専門外来をもうけており、患者様が病理診断でご相談したいことがあれば受診できる体制を準備しております。例えば、他院で乳癌と診断されたけれども、治療を受ける前に自分の目で病気を確認したい時など、お気軽にお問合せ下さい。

病理部 部長 石井 英昭

後期研修医、専修医の方へ

我々のもう一つの使命は、若手病理医の育成です。いままで、日本では診断病理医(臨床病理医)を目指す人に対する環境整備が十分ではありませんでした。当科では、例えば、後期研修医であれば、まずは病理専門医資格取得をめざし、病理を集中的に学べる環境を提供します。もし、基礎研究にも興味があるのでしたら、当大学大学院病理学教室、あるいは学外の専門家との交流を通じて、最大限のサポートをいたします。その他、学生さん、研修医、若手病理医も、当科に興味があれば、見学は大歓迎です。お気軽にどうぞ。

問い合わせ先はこちら