ホーム>診療科・部門のご案内>女性診療科・産科>小児救急対応と入院診療の縮小について

小児救急対応と入院診療の縮小について

当院小児科では、36524時間体制の診療を継続してまいりましたが、20184月から小児科医師が大幅に減員となり、夜間休日の小児救急対応が困難となりました。そのため、東京都の休日・全夜間診療事業(小児科)への参画も返上させて頂いています。
日中の外来診療については、特殊外来を含めてほぼ従来通りですが、夕方5時を超える救急診療には対応できず、診療をお断りさせて頂く場合がございます。
入院診療についても、新生児(35週以上)を含む一般的な小児疾患に対象を絞っており、入院受け入れ時間を午前9時から午後3時までに制限させて頂いております。
今後、小児科医師不足が解消され次第、速やかに元の診療体制に戻す予定です。当分の間はご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解を賜りますようお願いいたします。