診療内容

神経内科疾患は、近年大きな話題ともなっている認知症、パーキンソン病、筋萎縮性側索硬化症などの変性疾患、重症筋無力症、多発性硬化症などの神経免疫疾患、頭痛やてんかんなどの発作性疾患、ギラン-バレー症候群や筋ジストロフィーなどの末梢神経・筋疾患、脳炎、髄膜炎などの神経感染症など、多岐にわたります。
 当科では、神経内科専門医15名・脳卒中専門医13名・総合内科専門医7名が在籍し救急対応を含め、これらの疾患に対応しています。初診での受診も、予約なしでも同日中に診療致します。特殊外来として、下記の外来を開設しています。MRI、CT、エコー、核医学検査、電気整理学検査(脳波や末梢神経伝導検査など)も髄時施行します。

<専門医在籍人数> 2018年4月現在
神経内科専門医 15名(うち、指導医8名)
脳卒中専門医 13名
総合内科専門医 7名
脳神経血管内治療専門医 2名(うち、指導医1名)

 

専門外来ご案内

もの忘れ外来:月曜午後/火曜午後/木曜午後

2000年に開設し長い歴史をもつ「もの忘れ外来」ですが、2015年10月から体制を整え、現在週3回(月・火、木曜日の午後)、認知症専門医を中心に認知症の診断と治療にあたっています。65歳以上の4人に1人が認知症あるいは軽度認知障害と言われています。ご自身あるいはご家族のもの忘れが気になる方、認知症だった場合には早期診断・早期治療が重要です。早めの受診をお勧めいたします。また臨床治験にも随時参加し、認知症の早期治療にも積極的に取り組んでおり、対象の方にはご紹介することが可能です。
 お一人の診察時間が長くかかるため、事前に予約をお願いしております。
また来院の際は、受診される方の詳しい情報が必要ですので、必ずご家族が同伴してください。

パーキンソン病外来:月曜午後

パーキンソン病は神経変性疾患の中では最も有病率が⾼く、⽇常診療でもよく遭遇する疾患の⼀つです。しかし基本的にその診断は、ふるえ(振戦)、動きの遅さ(寡動)、体の固さ(筋強剛)、姿勢異常や転びやすさ(姿勢保持障害)といった症状の組み合わせによってなされるので、診断が難しいとも⾔われています。また運動症状以外にも嗅覚異常、⾃律神経症状、うつなどもよく⾒られます。当科では、専⾨医によるこれら症状の評価に加え、最新の知⾒に即した補助診断(ドパミントランスポータSPECT、MIBG⼼筋シンチグラフィーなどの核医学検査や頭部MRI検査)も⾏います。また個々の患者さんに則し、⻑期の治療を考えたテーラーメイドの治療も⾏って参ります。

眼瞼・顔面痙攣外来:火曜午後/木曜午後

眼瞼・顔⾯痙攣外来では、眼瞼痙攣(医学病名は眼瞼攣縮)・片側顔面痙攣(医学病名は片側顔面攣縮)にボツリヌスA毒素(ボトックス)を使⽤した治療を⾏っています。ボツリヌスA毒素は末梢神経から筋へ刺激を伝達する物質であるアセチルコリンの放出をブロックし、⼀時的に筋を⿇痺させることで不随意運動を抑制します。当科では健康保険適応が認められている「眼瞼痙攣」・「⽚側顔⾯痙攣」・「痙性斜頸」・「拘縮」に対し診療・治療をしております。「眼瞼痙攣・⽚側顔⾯痙攣」では、通常3ヶ⽉から6ヶ⽉間毎の投与が必要となります。
※ただし健康保険適応が認められていない「しわ取り」・「痩⾝」などを⽬的とした治療は⾏っておりません。

頭痛外来:水曜午後

⽇本頭痛学会認定頭痛専⾨医の医師が頭痛外来を担当しています。⽚頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛などの慢性頭痛を対象とし、診断と治療を⾏い、より快適な⽇々を送り、⽣活の質を向上させることを⽬標としています。初診時に鑑別が必要な髄膜炎や脳⾎管障害などの疾患にも迅速に対応します。たかが頭痛、されど頭痛です。頭痛でお悩みの⽅は、"頭痛の苦しみからの解放"を⽬指し、頭痛外来を受診されることをお勧め致します。

神経免疫外来:金曜午後

神経免疫疾患には多発性硬化症、視神経脊髄炎、重症筋無力症、自己免疫性脳炎、慢性炎症性脱髄性多発神経炎、神経サルコイドーシス、神経ベーチェット病など、多くの疾患があります。これらの疾患は急性に発症・再燃するだけでなく、慢性期にも継続した医療の提供が必要になります。当院では急性期での入院加療、慢性期での外来加療(経口ステロイド、免疫抑制薬)を行っています。疾患によっては他科との積極的な連携も行っています。

お問い合わせ

お問い合わせ
日本医科大学付属病院

〒113-8603 東京都文京区千駄木1-1-5
TEL: 03-3822-2131(代表)

夜間・休日救急外来
TEL: 03-5814-6119
(午後4時00分~翌日午前8時00分・土曜:午後2時00分~翌日 午前8時00分)

※休日(日曜・祝祭日、年末年始(12月29日~1月3日))、創立記念日は24時間対応しております。

私設サイト

私設サイト
「脳神経内科」

診療科では、独自のより細かな情報提供のために、私設サイトを運営しております。ぜひ、ご覧ください。