ホーム > 診療科・部門のご案内 > 救急・総合診療センター(総合診療科、救急診療科)

救急・総合診療センター(総合診療科・救急診療科)

総合診療センター 部長 川井 真

救急・総合診療センターは、複雑に専門分化された大学病院において、患者さんにとって分かりやすくかつ少しでも早く的確な診療を提供するための施設です。
必要に応じて専門各科と緊密に連携しながら、患者さんひとりひとりに適した最良の医療を行うことを目指しています。
当センターの総合診療科・一般内科では、患者さんを全人的・総合的に診療することを目的に、おもにご自身では診療科を特定するのが困難で何科を受診すればよいのか分からない患者さん、複数の疾患をお持ちの患者さんを中心に診療を行っています。また、救急診療科では、比較的軽症の救急患者さんを対象に、さまざまな領域の病気や怪我の初期診療を担当しています。

救急・総合診療センター 部長 川井 真

インフォメーション

初めて当院を受診される患者さんへ
詳しくはこちらをご覧ください。
救急・総合診療センターで初期診療を行う患者さんは、
具体的に次のような方を想定しています。


  1. 特定の専門診療科への受診希望がない患者さん,何科がよいかわからない患者さん
    自覚症状からは何科を受診すべきなのか患者さんが自己判断できない場合など
  2. 特定の専門診療科の診療を必要としない患者さん
    日常多く遭遇する一般的な疾患、例:感冒、腹痛、頭痛、倦怠感、怪我など
  3. ひとつの専門診療科だけでは対応が困難な患者さん
    複数の病気を持つ場合や複数の臓器にまたがる病態を呈する場合は、専門各科と連携しながら診療に当たります。例:ご高齢の方、別々の診療所や病院に受診しなくてはならず困っている方など)
  4. 病態が複雑で診断の難しい患者さん
    これまで複数の病院にかかっても診断がつかない方など
  5. 治療中の疾患と異なる症状が出現した患者さん
    複合病態や新たな合併症を早期に診断し、適切な治療を行います。
  6. 緊急度の高い患者さん
    バイタルサインの異常や、疼痛の激しい場合など緊急治療を必要とする方、怪我による皮膚縫合など初期緊急処置を必要とする方など

ご注意

よくあるご質問

例1:たとえば頭が痛いとき。A1:内科か、脳神経外科か、それとも神経内科か…。どの科で診てもらえばよいか、自分ではよくわからないものです。まして頭も痛いし、目も痛いなどというふうに、症状が重なってしまったら、ますます混乱してしまうばかり。「内科へ行ったら、長く待たされた後で脳神経外科に回された」、「内科と眼科に申し込んで、行ったり来たりで大変だった」など、ムダな時間を費やしてしまう人も少なくありません。

このような時の診療科 総合診療科・一般内科

例2:急に腰が痛くなったから、朝から吐き気がするから、OO科に行ってみようなど自己判断して、緊急治療を必要とする重大な病気を見逃してしまうことがあります。

このような時の診療科 救急診療科

お問い合わせ

お問い合わせ
日本医科大学付属病院

〒113-8603 東京都文京区千駄木1-1-5
TEL: 03-3822-2131(代表)

夜間・休日救急外来
TEL: 03-5814-6119
(午後4時00分~翌日午前8時00分・土曜:午後2時00分~翌日 午前8時00分)

※休日(日曜・祝祭日、年末年始(12月30日~1月4日))、創立記念日は24時間対応しております。

私設サイト

私設サイト
「総合診療センター」

診療科では、独自のより細かな情報提供のために、私設サイトを運営しております。ぜひ、ご覧ください。