ホーム > 診療科・部門のご案内 > 口腔科(周術期)
口腔科(周術期)


口腔ケアや歯科治療を通じて、

患者さんの療養生活を支援しています                        

                            ※ 外来での一般歯科診療は行っておりません。

 口腔内には多くの細菌が棲息しています。口の中を不潔な状態にしていると、術後肺炎や傷口の感染など全身への悪影響が起きやすく、医科での本来の治療が妨げられてしまいます。口腔科では、悪性腫瘍や心臓血管疾患等で手術する方に対して、術前と術後に口腔のトラブルが無いかをチェックし、口の中をできるだけ清潔な状態に保てるよう、歯磨き指導や歯の治療と共に、専門的な口腔清掃を行っています。

 化学療法や放射線療法を行う場合には、各療法によって起こりやすい口腔粘膜炎や顎骨壊死といった副作用を予防、もしくは重症化させないように、それぞれに適した指導や定期的な口腔内チェックをしていきます。口腔から感染源を取り除いておくことも大変重要です。私たちは地域の歯科医院とも連携しながら、患者さんの口の中が健康で快適な状態となるようにお手伝いいたします。

 口腔は食べることや話すことなどに関わる重要な器官です。口腔科は、患者さんの療養生活を口から支えることをめざしています。

                        口腔科(周術期)            

                        部長 久野 彰子   医長 服部