ホーム > 診療科・部門のご案内 > リハビリテーション科

リハビリテーション科

kimura Dr

リハビリテーション科では、脳卒中・脳外傷・脳腫瘍などの脳疾患、脊髄損傷・脊髄腫瘍・脊髄症などの脊髄疾患、パーキンソン病・脊髄小脳変性症・多発性硬化症などの神経変性疾患、骨折・関節リウマチ・変形性関節症などの骨関節疾患、ギランバレー症候群・筋ジストロフィー症・顔面神経麻痺・末梢神経損傷などの神経筋疾患、心筋梗塞・心不全などの心臓疾患、脳性麻痺・発達遅滞などの小児疾患、悪性腫瘍(がん)・胸腹部外科手術などによる廃用症候群に対するリハビリテーションを行っております。
リハビリテーションとは、障害のある方の機能や能力を回復して人間らしい社会生活を再適合する(社会参加)のための過程のことをいいます。そのため、リハ科医師や看護師だけでなく、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士などとチームを作って対応しております。

当科では特に急性期リハビリテーション治療に力を入れております。1日でも早い回復と社会復帰へ向けて、各診療科と連携しながら診療にあたっております。


 リハビリテーション科 部長 木村 和美

お問い合わせ

お問い合わせ
日本医科大学付属病院

〒113-8603 東京都文京区千駄木1-1-5
TEL: 03-3822-2131(代表)

夜間・休日救急外来
TEL: 03-5814-6119
(午後4時00分~翌日午前8時00分・土曜:午後2時00分~翌日 午前8時00分)

※休日(日曜・祝祭日、年末年始(12月30日~1月4日))、創立記念日は24時間対応しております。