診療内容

食道

食道癌の手術食道癌の手術では、通常の手術方法から体にやさしい鏡視下手術(胸腔鏡下食道切除術)など最新の手術法も取り入れています。手術後は専門的な呼吸循環管理を行うために集中治療室との連携体制を整えています。手術以外の治療法では、内視鏡治療、放射線治療、化学療法などがあり、内科、放射線科と共同で総合的に行っています。食道表在癌に対する内視鏡治療(ESD)も行っております。また、胃食道逆流症(GER、NERD)逆流性食道炎、食道裂孔ヘルニア、食道アカラシアなどの食道良性疾患は消化器内科と連携しながら主に腹腔鏡手術で行い実績を上げています。とくに食道インピーダンス検査にて診断されたPPI抵抗性NERDに対しては他施設に先駆けて腹腔鏡手術を行っており、良好な成績を得ています。

胃、十二指腸

胃癌治療ガイドラインに沿って、患者さんに最適な治療を提供します。具体的には、早期胃癌には内視鏡的粘膜切除術を行い、進行度に従って外科手術(開腹・腹腔鏡)、化学療法などの集学的治療を行っております。また、消化管間質腫瘍(ジスト)、潰瘍穿孔による腹膜炎なども扱っています。
 疾患の発生原因の予防、診断から個々の患者さの病態に応じた治療までオーダーメイドの診断、治療を行っていますが、特にヘリコバクター・ピロリ菌の診断、除菌治療にも力を入れております。

小腸、大腸、肛門

対象疾患は小腸腫瘍、クローン病、潰瘍性大腸炎、大腸癌、内・外痔核、痔瘻、直腸脱、腸閉塞など多岐にわたります。大腸癌手術では自律神経温存や肛門機能温存を考慮した手術のほか、腹腔鏡補助下手術、内視鏡的粘膜切除術、経肛門的マイクロサージャリーなど低侵襲手術や非開腹手術など個々の癌にあったオーダーメイド手術を行っています。大腸癌肝転移例では肝切除術後の肝動注と全身化学療法の併用により良い成績が得られてます。

胆道系疾患とは、肝臓から十二指腸に至る肝外胆管と胆嚢より発生する疾患です。良性疾患として胆石症、胆嚢炎、胆管炎、悪性疾患として胆嚢癌、胆管癌が主なものです。
胆石症(胆嚢結石、総胆管結石)に対しては、1991年以来腹腔鏡下手術を行っており、現在まで1000余例の手術を行い患者さのQOLに貢献してきました。現在では胆石症手術の90%を腹腔鏡下手術で行っています。また、総胆管結石に対しては、内視鏡による治療(結石の摘出)も行っています。
胆嚢癌、胆管癌に対しては早期診断、早期治療に努め、個々の患者さの病態に適した術式を選択しています。また、非手術的治療として胆管ドレナージとステントによる治療を行い、チューブフリーとすることで患者さのQOLに貢献しています。

主に膵臓の腫瘍(膵癌、嚢胞性膵腫瘍、内分泌腫瘍)と炎症性疾患(急性膵炎、慢性膵炎)の診断治療を行います。膵臓は胃の後にあるため現在でも手術以外には人間の目で見ることはできません。また、膵臓は食物を消化する液(膵液)を分泌する作用(外分泌)と血糖などを調節する作用(内分泌)という二つの働きを持っています。そのため膵臓病はさまざまな症状が出現するうえに、診断が難しく、また手術も複雑なものが多いため、その治療には専門の知識が要求されます。特に、膵癌は年々増加してきていますが、進行癌では治療成績は満足いくものではありません。しかし、治癒しやすいものもあるため、正確な診断と患者さに一番適した治療を行うことが最も大切です。
当科では膵癌に対する外科治療を積極的に行っており、良好な成績をおさめております。また癌の進行度によっては化学療法を含めた集学的な治療も行っております。さらに膵腫瘍に対しては腹腔鏡による手術も積極的にとりいれております。

お問い合わせ

お問い合わせ
日本医科大学付属病院

〒113-8603 東京都文京区千駄木1-1-5
TEL: 03-3822-2131(代表)

夜間・休日救急外来
TEL: 03-5814-6119
(午後4時00分~翌日午前8時00分・土曜:午後2時00分~翌日 午前8時00分)

※休日(日曜・祝祭日、年末年始(12月30日~1月4日))、創立記念日は24時間対応しております。

私設サイト

私設サイト
「消化器外科・乳腺外科」

診療科では、独自のより細かな情報提供のために、私設サイトを運営しております。ぜひ、ご覧ください。