循環器救急診療

急性心筋梗塞、不安定狭心症、急性心不全、急性大動脈解離、大動脈瘤切迫破裂、急性肺血栓塞栓症、緊急不整脈等です。生命に関わるため、速やかに診断を確定し、薬物療法、カテーテル治療や外科治療等個々の患者さんに最適な治療を行います。集中治療室では各種の臓器補助装置を駆使して救命にあたります。

急性心筋梗塞、不安定狭心症

急性冠症候群とも呼ばれ、心臓の栄養血管である冠動脈が急激に閉塞し発症する、いわゆる心臓発作です。24時間体制で専用の緊急心血管治療室において緊急のカテーテル治療を実施します。近年は治療成績が向上し、高度の心不全やショックを合併しない限り救命率はほぼ100%です。心不全、ショック合併例に対しては集学的な治療体制を整え、日々成績の向上に努めています。

急性心不全

高血圧性心疾患、陳旧性心筋梗塞、心筋症、弁膜症に伴うポンプ不全から急激に呼吸困難をきたします。当施設では薬物療法に加え、非侵襲的人工呼吸法にて治療し早期の回復を目指します。非侵襲的人工呼吸法は気管挿管による人工呼吸を高率に回避することができます。

緊急大動脈疾患(急性大動脈解離、大動脈瘤切迫破裂)

急性大動脈解離は突然に大動脈壁が2層に破け、胸部あるいは背部の激痛をきたします。大動脈瘤切迫破裂は大動脈瘤が突然破裂する、あるいは破裂寸前の状態です。両疾患共にいきなりショックになる方も少なくありません。当院は東京都の急性大動脈スーパーネットワークの緊急重点病院に属しており、心臓血管外科医、放射線血管内治療医と協力し、迅速に治療を行います。

急性肺血栓塞栓症

いわゆるエコノミー症候群です。足の静脈にできた血栓(深部静脈血栓)が血液の流れに乗り、心臓を経由し肺の血管に詰まって発症します。血栓溶解療法ないしはカテーテル治療が有効です。超重症例には経皮的心肺補助装置を導入し救命にあたります。

緊急不整脈

緊急不整脈症例に対して専門治療を行います。当施設では緊急カテーテル焼灼術や外科的冷凍凝固術の症例経験が非常に豊富です。

治療実績(2012年)

疾患数

急性心筋梗塞74例、不安定狭心症40例、急性心不全59例、急性大動脈解離27例、大動脈瘤切迫破裂15例、急性肺血栓塞栓症9例、緊急・重症不整脈症例18例等

検査・治療件数

緊急冠動脈カテーテル検査142例(うちカテーテル治療実施93例)
大動脈バルンパンピング45例、経皮的心肺補助装置17例

研究実績(2012年・英文報告)

  1. Munakata R, Yamamoto T, Hosokawa Y, Tokita Y, Akutsu K, Sato N, Murata S, Tajima H, Mizuno K, Tanaka K. Massive pulmonary embolism requiring extracorporeal life support treated with catheter-based interventions. Int Heart J. 2012;53(6):370-4.
  2. Kashiwada T, Kikuchi K, Abe S, Kato H, Hayashi H, Morimoto T, Kamio K, Usuki J, Takeda S, Tanaka K, Imanishi K, Yagi J, Azuma A, Gemma A. Staphylococcal enterotoxin B toxic shock syndrome induced by community-acquired methicillin-resistant Staphylococcus aureus (CAMRSA). Intern Med. 2012;51(21):3085-8.
  3. Miyachi H, Tanaka K, Mizuno K. Catheter-induced bilateral coronary ostium dissection in a patient with long-term steroid therapy. J Invasive Cardiol. 2012 Nov;24(11):E305-7.
  4. Tsuboko Y, Takeda S, Mii S, Nakazato K, Tanaka K, Uchida E, Sakamoto A. Clinical evaluation of sivelestat for acute lung injury/acute respiratory distress syndrome following surgery for abdominal sepsis. Drug Des Devel Ther. 2012;6:273-8.
  5. Miyachi H, Kumita S, Tanaka K. PET/CT and SPECT/CT cardiac fusion imaging in a patient with takotsubo cardiomyopathy. Eur Heart J. 2013 Feb;34(5):397.
  6. Yamamoto T, Takeda S, Sato N, Akutsu K, Mase H, Nakazato K, Mizuno K, Tanaka K. Noninvasive ventilation in pulmonary edema complicating acute myocardial infarction. Circ J. 2012;76(11):2586-91.
  7. Tomiyama T, Hosokawa Y, Imura H, Tanaka K. Haemolytic anaemia due to stenosed double-reinforced grafts after surgical repaired aortic dissection. Interact Cardiovasc Thorac Surg. 2012 Sep;15(3):525-7.

お問い合わせ

お問い合わせ
日本医科大学付属病院

〒113-8603 東京都文京区千駄木1-1-5
TEL: 03-3822-2131(代表)

夜間・休日救急外来
TEL: 03-5814-6119
(午後4時00分~翌日午前8時00分・土曜:午後2時00分~翌日 午前8時00分)

※休日(日曜・祝祭日、年末年始(12月29日~1月3日))、創立記念日は24時間対応しております。

私設サイト

私設サイト
「循環器内科学」

診療科では、独自のより細かな情報提供のために、私設サイトを運営しております。ぜひ、ご覧ください。