看護部

すべては患者さんのために 安心・満足・質の高い看護の実践

日本医科大学には4つの病院がありますが、当院はその基幹病院であり特定機能病院として高度最先端医療を提供する役割を担っています。
私たち看護職員は、いつも心に、「ナースコールを鳴らさない看護」が、看護の原点です。
患者さんにとって『安全』『安心』『丁寧』をコンセプトにしています。
『安全』とは高度な知識・技術・感性を、『安心』とは患者さんとご家族の気持ちに応えること、『丁寧』とは患者さんとご家族への気配り、そして思いやりです。看護部長として、患者さんに少しでも快適な入院生活を過ごしていただきたい、職員にとっても働きやすい環境を提供したいという願いから、この3つのキーワードを追求し続けて、実践していきたいと思います。
また、私たち看護職員一人一人が、日本医科大学の看護の原点に真摯に向き合い、患者さん、ご家族にとって最適なケアとやさしさを提供できるよう努力してまいります。

看護部長 鈴木 智恵子

特色

1.看護部の基本理念

看護を必要とする人々の心のナースコールを受け止め寄り添い共に歩む看護を提供します。

2.看護部の基本方針

1)急性期を中心としたあらゆる健康の段階にある人々の生命と権利を尊重します。
2)安全で満足の高い看護を提供いたします。
3)高度医療における医療チームメンバーとして役割と責任を遂行します。
4)高度な知識・技術とより高い倫理観を持った看護職者を育成します。
5)組織の一員として、病院経営に積極的に参画します。

3.看護配置と勤務体制

1)配置基準
当院には約1,100名の看護職員がおり、そのうち看護師の有資格者は約1,000名です。
一般病棟では、日勤・夜勤あわせて入院患者さん7人に対して1人以上の看護師が
勤務しております。(7:1配置)
2)勤務体制

2交替制 3交替制
日勤勤務 8:00~16:30 深夜勤務 0:00~8:30
夜勤勤務 16:00~9:00 日勤勤務 8:00~16:30
準夜勤務 16:00~24:30

4.看護の提供方式

チームナーシングの中に受け持ち制を取り入れた方法で、入院から退院まで継続してケア計画から実践までを担当する看護師がいます。患者さんやご家族のご意見・ご希望を尊重しながら、苦痛・不安・悩みなどに対して、きめ細やかなケアを行います。

5.看護の教育

患者さんの回復過程や療養生活の援助、そして退院に向けての相談や調整など一連の支援が出来るような看護師の育成を行っています。
より質の高い看護が提供できるように、看護実践能力評価表(クリニカルラダー)を用いて到達度を評価し、個人の到達度や臨床経験等に合わせた教育をしています。また、当院ではスペシャリスト看護師の育成にも力を入れており、様々な分野や専門領域の認定看護師・専門看護師が、患者さんやご家族のケアや相談を担当しています。

医療安全に向けた看護部の取り組み

すべての看護職員に対して安全に医療を提供にするために、看護部内においても就職時から継続的に教育を実施しています。様々な看護ケアや処置は、安全に実施できるようにルールが定められており、遵守できるように仕組みが作られています。

私設サイト

私設サイト
「看護師募集サイト」
看護師を目指す方々にむけて特設サイトを運営しております。ぜひ、ご覧ください。