放射線治療科

放射線治療科 部長 前林 勝也

放射線治療はがん治療の3本柱のひとつであり、体に負担が少なく臓器の温存が可能なため、高いQOLを維持しつつ治療することが可能です。治ることを期待して化学療法を併用したり、手術の前後に放射線治療を行うことで、負担は増しますが、最新の高精度放射線治療を用いて苦痛を最小限に抑えることができます。
当院でも、新棟に移転した2014年から、最新のリニアック(直線加速器)を導入し高精度放射線治療を積極的に実施しています。また、高精度放射線治療である定位放射線照射や強度変調放射線治療のみでなく、高線量率密封小線源治療装置を用いた小さな放射線源を体内に挿入して治療する密封小線源治療から通常の外部照射まで、特殊治療である粒子線治療以外は、基本的に全ての放射線治療が実施可能であり、年間800人を越える患者さんに放射線治療を行い、日本でも有数の治療施設のひとつです。
さらに、複数の放射線治療専門医が従事しているのみでなく、放射線治療品質管理士、放射線治療専門放射線技師、診療放射線技師や看護師等のメディカルスタッフも充実しており、患者さんの気持ちに寄り添い患者さんに優しい医療を提供しつつ、ご紹介いただいた先生と連携し最良の放射線治療を行うようにしております。

放射線治療科 部長 前林 勝也

受付時間

ご来院される際は、お時間に余裕をもってお越しください。

受付

受付時間・診療時間におけるご注意

受付時間、診療時間は、諸事情によって変更になることがあります。
ご来院の際は、事前にご確認の上、ご来院くださいますようお願いいたします。

お問い合わせ

お問い合わせ
日本医科大学付属病院

〒113-8603 東京都文京区千駄木1-1-5
TEL: 03-3822-2131(代表)

夜間・休日救急外来
TEL: 03-5814-6119
(午後4時00分~翌日午前8時00分・土曜:午後2時00分~翌日 午前8時00分)

※休日(日曜・祝祭日、年末年始(12月30日~1月4日))、創立記念日は24時間対応しております。