女性の職業生活における活躍の推進に関する法律に基づく行動計画

学校法人日本医科大学 行動計画

女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(平成27年9月4日法律第64号)第8条に基づき、学校法人日本医科大学の女性活躍推進に関わる行動計画を策定する。


○日本医科大学

1.計画期間 2019年4月1日~2024年3月31日までの6年間

2.本学の課題
・上位職にある女性研究者比率が低い(2019年4月現在、女性教授比率6.6%)。
・女性研究者の離職率が高い。

3.目標と取組内容
(1)現在26.0%である女性研究者比率を2022年度までに28.0%に増加させ、2024年度までに30.0%以上を達成する。
 <達成に向けた具体的取組>
 1-1.若手・女性研究者の外部資金の獲得を支援し、キャリア形成を具現化
 1-2.時間短縮勤務制度(時短・ハーフ助教制度)による復職支援

(2)次世代を牽引する、リーダーシップを備えた女性研究者を育成し、上位職へ女性を積極的に登用する。2022年度までに女性教授比率10.9%以上、2024年度までに13.1%以上を達成する。
 <達成に向けた具体的取組>
 2-1.「マネジメント力」養成講座の開講
 2-2.国際化と留学の推進によるグローバル人材の育成