栄養科

特徴

栄養科では、毎日のお食事が楽しみのひとつである入院患者さまのために、平成14年より温冷配膳車を導入し、温かいものはより温かく、冷たいものはより冷たくお召し上がりいただけるようにしています。
もちろん、治療効果や嗜好にあわせた個人対応のお食事のご用意(おかずやフルーツなどを食べやすい大きさにカットする等)やわかりやすい栄養相談を行っています。

活動内容

入院患者さまのお食事について

生活時間に合わせ、朝食:午前8時00分、昼食:午後0時00分、夕食:午後6時00分の適時配膳をしています。
行事食にも力をいれ、年7回の行事[お正月・節分・桃の節句・端午の節句・七夕・お彼岸・クリスマス]に合った食材やクリスマスケーキをお出ししています。季節感を味わっていただくため、お正月にはおせち料理とお餅を使用したメニュー、鏡開きにはお汁粉、7月の土用の丑の日にはうなぎなどをメニューに取り入れています。
また、平成15年6月よりご出産の患者さまを祝しまして、お赤飯を中心にした心ばかりのお祝い膳をご用意いたしました。4種類の中からお選びいただき、お祝いのカードとともにお出ししています。産後のお疲れを癒し、これからの育児の活力にしていただければと思っています。

栄養相談のご案内

病気の回復と生活習慣病予防の意味もこめて、当院では入院患者さまはもとより外来患者さまにも栄養相談を主治医の指示によりすべての疾患に行っています。
患者さま個々人それぞれにあった栄養相談を行うために予約制をとっています。

集団・個人指導

対象者
集団指導 初回の方
個人指導 初回・再来・入院の方