腫瘍内科

腫瘍内科 部長 勝俣 範之

腫瘍内科とは、わかりやすく言うと、「がんの総合内科」です。
 腫瘍内科医の役割は、がんの薬物療法(抗がん剤)のスペシャリストであり、適切に抗がん剤を実施することだけでなく、手術や放射線治療、緩和医療などの治療コーディネーターの役割もします。また、内科医として、がん患者さんのさまざまな悩み・相談にも対応し、患者さんの「生活の質」を最大限に大切にするよう心がけます。そして、より良い生活を送ることのできるよう患者さんと「共に」がんと闘っていきます。
 当科の特色としては、他の病院の腫瘍内科でも対応していることの少ない婦人科がんや、乳がん、泌尿器がんの他、肉腫、原発不明がん、胚細胞性腫瘍、絨毛がんなどの希少がんに対しても積極的に取り組んでいます。
 セカンドオピニオンも受け付けていますので、がんの治療方針に対する相談、治療施設に関する相談など、何でもご相談していただければと思います。

腫瘍内科 部長 勝俣 範之

受付時間

ご来院される際は、お時間に余裕をもってお越しください。

初診受付時間 診療:予約時間
セカンドオピニオン:予約時間
診療曜日 診療:予約曜日
セカンドオピニオン:予約曜日
紹介状をお持ちの方 1階 紹介受付(医療連携室)
紹介状をお持ちでない方 1階 初診受付