病理診断科

病理大橋部長

適切な治療を行うためには、まず病気を正確に診断することが重要です。病理診断とは、患者さんの体から採取された臓器の一部を、肉眼、顕微鏡で観察し、その細胞や組織の形態から、どのような病気であるのかを診断する行為です。病理医は、患者さんに直接お会いすることはありませんが、診断、治療方針を決定する立場にあることから、医療において、極めて重要な役割を担っています。病理診断科は、最も新しく認定された標榜科であり、その対象は全身臓器に及びます。当院は大学の付属病院であると同時に、地域医療を担う立場上、様々な疾患の患者さんが訪れます。そのため、疾患領域も多岐にわたり、医学教育には適した施設です。日々、研修医や医学生への指導教育を行い、病理をよく理解した医師を育てるよう努めています。

病理診断科 部長 大橋 隆治

私設サイト

私設サイト
「病理診断科サイト」

診療科では、独自のより細かな情報提供のために、私設サイトを運営しております。ぜひ、ご覧ください。