ホーム > 診療科・部門のご案内 > 整形外科・リウマチ外科 > 診療内容 > 【 NEW! 】変形性膝関節症に対する多血小板血漿 (PRP) 療法

変形性膝関節症に対する多血小板血漿 (PRP) 療法

日本医科大学整形外科 膝関節外科では、APS療法 “次世代型PRP療法” を行なっています。


PRP療法とは

PRP療法は、美容外科や整形外科、スポーツ医学で近年注目されている再生医療のひとつです。これは患者さんの血液から作製した多血小板血漿 (Platelet Rich Plasma: PRP) を患部に注入することで、PRPに含まれている成長因子の働きによって、患部の疼痛の軽減や、損傷した組織の修復を目的とする治療です。


“次世代型PRP療法”とは

次世代型PRP療法とは、新たに開発された自己タンパク質溶液 (Autologous Protein Solution: APS) 治療のことで、APSキットを使用して従来のPRPに含まれる成長因子に加えて高濃度の抗炎症性物質を抽出することで、従来法より組織修復効果と抗炎症効果の長期的な継続が期待されています。患者さんに対して施行する処置は採血と膝関節注射であり、従来のPRP治療と変わりません。


変形性膝関節症とPRP療法

変形性膝関節症は、おもに加齢により膝関節軟骨が摩耗・変性し、膝関節痛や日常生活の活動性の低下をもたらす疾患です。本邦において、画像検査での膝変形は約3000万人、そのうち約1000万人が症状を自覚していると報告されています。初期には消炎鎮痛薬、湿布、ヒアルロン酸注射などを使用します。しかし、これらの治療の効果が少なく、症状が増悪する場合には、膝周囲骨切り術(膝周囲の骨を切ることでO脚やX脚を修正する治療)や人工膝関節置換術を行います。
 従来の治療では効果が少ないが、現段階で手術までは考えていない、もしくは、手術が必要なほどは膝の変形が進行していない患者さんに対してPRP療法の適応があります。

seikei_12.9_1


治療のスケジュール

治療に先立ち、患者さんに十分説明し、同意書に署名をいただきます。
 治療当日は、通常の採血方法で腕の静脈から約55 mLの血液を採取します。採取した血液は当院内の管理された加工施設で遠心操作によってPRPを作ります。PRP投与は通常の関節腔内注入と同じ手技で行います。血液を採取してからPRP投与まで1-2時間ほどです。

seikei_12.9_2

投与後2~3日は膝をクーリングし、安静に過ごします。痛みを強く感じるときは適宜鎮痛剤を服用します。1週間後から従来の運動を開始します。


治療の評価

治療後1週、1ヵ月、3ヵ月、6ヵ月、12ヵ月に、一般的な問診と、来院時までに何らかの病気になったかについての確認、血液検査などを行います。
 また、治療効果の評価のために、治療前後に一般的な問診と膝治療のアンケート、単純X線、MRI等の検査を行います。


再生医療安全性確保法

本治療を行うにあたり、第2種再生医療として以下の申請をしています。
日本先進医療医師会 特定認定再生医療等委員会
厚生労働大臣(再生医療等提供計画)(PB3190043)
日本医科大学付属病院倫理委員会 (30-7-960)


PRP療法に関心のある方は、整形外科外来を受診してください。

日本医科大学整形外科
膝関節外科
https://www.nms.ac.jp/hosp/section/orthopedics/guide/knee-joint.html