ホーム > 診療科・部門のご案内 > 整形外科・リウマチ外科 > 診療内容 > 【 NEW! 】ロボティックアーム手術による人工膝関節置換術

ロボティックアーム手術による人工膝関節置換術

当院ではこのたび、整形外科におけるロボティックアーム手術支援システム「Makoシステム」を導入し、2021年4月1日から人工膝関節置換術を行います。



  • ロボティックアームとは、一般に「人の手の代わりに作業を行う機械の腕(アーム)」のことで、自動で動くものや人が操作して動かすものなどがあります。このたび当院で導入したロボティックアームは、術中に医師が操作をして動かすもので、人工関節を設置する際に傷んだ骨を削るために使われます。ロボティックアームは、治療計画にない部位にさしかかると止まる仕組みになっており、計画外の動きを制御することで、安全かつ正確な手術を可能にします。
  • これまでの研究で、ロボティックアームを用いた人工関節置換術は人工関節インプラントの設置精度と手術手技の安全性が向上し(*1)、また人工膝関節置換術後の疼痛の低減(*2)などのメリットが期待できると報告されています。

当院では変形性膝関節症などで悩む患者さんが、人工膝関節置換手術後、より健康的な生活を送っていただけるよう、ロボティックアームを用いた手術を積極的に行ってまいります。
この治療を受けるには、通院中の主治医に「整形外科・リウマチ外科 膝関節外来」への受診をお気軽にご相談ください。

インフォメーション

初めて当院を受診される患者さんへ
詳しくはこちらをご覧ください。

seikei_robo1

ロボティックアーム本体(左) カメラスタンド(中央) ガイダンスモジュール(右)

seikei_robo2

人工膝関節置換術用アーム部