歯科

歯科 部長 鴨井 久博

当歯科は、歯科一般(う蝕治療、歯周治療、口腔外科、小児歯科治療など)治療を中心として行っております。また、日本歯周病学会、日本歯科保存学会認定指導施設であり、専門分野においては、日本歯周病学会研修施設として、歯周外科手術や歯周再生療法を多く行っております。その他、最も急速な発展を遂げているインプラント治療を当科においても積極的に取り入れ、咬合機能回復、審美的な回復を実現しております。口腔外科分野においては、他科(耳鼻咽喉科、形成外科など)の連携、他大学病院への紹介など医療連携をはかりながら対応しております。更に、入院患者にも対応が可能となっており、一般患者、全身疾患を有する患者に対する埋伏智歯などの難抜歯をはじめとした外科処置を、入院下で実施しております。それに加え、総合病院の中の歯科として、入院患者に対する外来および往診歯科治療・口腔ケアを行っています。特に病棟への往診に関しては、新たにポータブルの治療器具・装置を導入し、そのことにより、単に歯ブラシなどの簡易な口腔ケアを行うだけでなく、義歯の調整・う蝕治療などベッドサイドでの歯科治療が充実したと考えています。また栄養サポートチーム(NST)の活動の一部として、脳卒中治療室の患者に対しても口腔ケアを行っています。2012年の診療報酬改正により医科・歯科の連携が重要視される中、周術期口腔機能管理を継続して行っています。すなわち周術期がん患者などに対して、口腔機能管理を実施することにより、手術の円滑な遂行に寄与できていると推察されます。特に手術前挿管時の歯科的トラブル、すなわち動揺歯の脱落および歯科補綴物の脱離の防止、あるいは口腔内の清掃状態不良に伴う歯周病を中心とした全身への歯性感染症の防止は、非常に重要であると考えられます。また、周術期口腔機能管理室が増設されたことにより、より多くの周術期患者の受け入れが可能となりました。周術期サポート外来の新制により、今後さらに周術期患者の口腔機能管理の需要が増加するものと思われます。また日本医科大学千葉北総病院は、2015年4月より地域がん拠点診療病院に認定され、外来で化学療法を施行する患者数は年々増加傾向にあります。化学療法中は、口腔粘膜炎に伴う疼痛で食事困難となり免疫力の低下や全身栄養状態の悪化を惹起されること、骨髄抑制による白血球減少から易感染性となり抜歯後感染をおこしやすいこと、骨転移治療薬による顎骨壊死により口腔内の外科的処置が困難になること、等が合併症として起こりえます。これらの合併症を予防し、化学療法の円滑な遂行することを目的として化学療法患者の口腔機能管理を行ってきております。最後に2017年5月から、院外地域活動としては訪問歯科診療を開始しており、介護施設などの、当院を含めて一般歯科医院への通院が困難な患者に対しても歯科治療を行っております。

歯科 部長 鴨井 久博

初めて当院を受診される患者さまへ

初めて当院を受診される患者さまへ

初めて当院にご来院の方、および初めて診療科に受診される方は、初診受付にて承ります。その際、診察申し込み書に必要事項をご記入の上、医師からの紹介状(お持ちの方)と保険証を併せてご提示ください。

受付時間

ご来院される際は、お時間に余裕をもってお越しください。

初診受付時間 平日・土曜日:午前8時30分~午前11時30分
外来診療時間 平日・土曜日:午前8時30分~午後3時30分(予約のみ)
備考
  • 午後は予約患者さんのみ
  • 歯科口腔外科は、抜歯、顎関節症(軽~中等度)は、診療可能。粘膜疾患、腫瘍などは診断のみで他病院へ紹介。
  • 日帰り外来手術(インプラント、歯周外科、抜歯)

お問い合わせ

お問い合わせ(平日・夜間・休日救急外来)
日本医科大学千葉北総病院

〒270-1694 千葉県印西市鎌苅1715
TEL: 0476-99-1111(代表)

医療連携支援センター
TEL: 0476-99-1810(直通)
(平日:午前8時30分~午後6時00分・土曜:午前8時30分~午後5時00分)

※日曜・祝祭日、年末年始(12月30日〜1月4日)、創立記念日(4月15日またはその振替日)を除く。