消化器内科

消化器内科 部⻑ 藤森 俊二

 消化器内科では、消化管および肝胆膵の消化器疾患全般の診療を行っています。若干の変動がありますがスタッフはおよそ10名です。スタッフの中に消化器内視鏡専門医が継続的に5-6名在籍しているので、内視鏡検査・内視鏡治療が得意な分野となっています。内視鏡を用いた診療以外にも、炎症性腸疾患や慢性肝炎、胆膵疾患、切除不能進行がんの化学療法など幅広く診療しています。
 食道分野では、近年増加が著しい逆流性食道炎の診断治療を主に行っています。近年の制酸剤の進歩は著明で、胃酸逆流による胸やけ、疼痛の多くはコントロール可能となっています。また、千駄木の本院と連携して食道内圧検査を用いた食道運動機能障害の高度な診断・治療を行うことができます。
 胃分野では、胃がん・胃潰瘍・十二指腸潰瘍の主な原因とされるピロリ菌感染の診断および除菌治療を行い、年間の除菌者数は400名を超えています。また、胃癌の内視鏡診断および早期胃がんの粘膜下層剥離術による内視鏡的治療を行っています。
 小腸分野では消化管出血の原因究明など、小腸疾患が疑われる患者に対してカプセル内視鏡の施行が可能で、内視鏡画像はカプセル内視鏡読影指導医がチェックします。内視鏡画像で異常が認められた場合などには、必要に応じて小腸診療の指導的施設である本院と連携して小腸の診断・治療を行っています。
 大腸分野では内視鏡診断、大腸疾患の診断治療を幅広く行い、大腸ポリープの内視鏡的切除術・粘膜切除術・粘膜下層剥離術を年間計300例程度行っています。また、潰瘍性大腸炎やクローン病などの炎症性腸疾患の診療も行っています。
 肝臓分野では、ウイルス性肝炎の薬物治療について関東で有数の患者数・診療実績を持ち、積極的に抗ウイルス治療を施行しています。近年問題となっている非アルコール性脂肪肝炎の患者さんも増加しています。肝硬変に進展した場合に合併しやすい肝臓がんの集学的治療も行っています。
 胆道・胆嚢・膵臓疾患では、内視鏡的逆行性胆道造影術を用いた胆膵系疾患の診断、胆管結石に対する採石術や乳頭切開術などの治療を主に行っています。近年内視鏡的超音波吸引細胞診が施行できるようになり、診療の幅が広がっています。
 消化器疾患は幅広く病状もさまざまであるため、必要・希望に応じて他科や他院、ご自宅近くの医院との連携・紹介を行いますので、気兼ねなくご相談ください。

消化器内科 部長 藤森 俊二

初めて当院を受診される患者さまへ

初めて当院を受診される患者さまへ

初めて当院にご来院の方、および初めて診療科に受診される方は、初診受付にて承ります。その際、診察申し込み書に必要事項をご記入の上、医師からの紹介状(お持ちの方)と保険証を併せてご提示ください。

受付時間

ご来院される際は、お時間に余裕をもってお越しください。

初診受付時間 午前8時30分~午前11時30分
(午後1時00分~午後3時00分)
備考
  • ・土曜日午後休診
  • ・平日の午後は予約再診患者さんのみの診療となります

お問い合わせ

お問い合わせ(平日・夜間・休日救急外来)
日本医科大学千葉北総病院

〒270-1694 千葉県印西市鎌苅1715
TEL: 0476-99-1111(代表)

医療連携支援センター
TEL: 0476-99-1810(直通)
(平日:午前8時30分~午後6時00分・土曜:午前8時30分~午後5時00分)

※日曜・祝祭日、年末年始(12月30日〜1月4日)、創立記念日(4月15日またはその振替日)を除く。

私設サイト

私設サイト
「消化器内科学」

診療科では、独自のより細かな情報提供のために、私設サイトを運営しております。ぜひ、ご覧ください。