眼科

眼科 部⻑ ⻲谷 修平日本医科大学千葉北総病院眼科の診療科紹介のページへようこそ。
我々は大学病院の眼科、また地域の眼科のセンターとして機能充実を図っています。
検査の面では、最新の画像診断機器(蛍光眼底造影、眼底自発蛍光、SD-OCT、補償光学眼底カメラ)や最新の視覚電気生理学検査機器(多局所ERG、黄斑局所ERG、全視野ERG)など高度な検査機器を備え、より進んだ医療を目指しております。特に上記診断機器を用いた遺伝性網膜疾患の診断については国内、国外の共同研究機関と協力を行っており、国際的な最先端の診断ができるように取り組んでいます。一般的な眼科疾患に対しても上記診断機器、およびその他十分な検査機器で様々な疾患に対応できる体制を整えています
治療の面では、白内障、網膜硝子体疾患(網膜剥離、糖尿病網膜症、硝子体出血)、緑内障、斜視、眼瞼内反症、眼瞼下垂などの手術を行っています。特に、難しい白内障、網膜硝子体疾患に関しては、最新の手術機器を用いて、熟練した医師が執刀し良好な治療成績を挙げています。また、加齢黄斑変性症に対する抗VEGF薬の硝子体注射療法も積極的に行っています。


主な診療科目と診療内容

白内障

白内障は、目の中のレンズの役割を果たしている水晶体が濁る病気です。日常生活に支障が出る程度に白内障が進行すれば、手術による治療を行うのが一般的です。 手術する時期は人によって違いますので、担当医と御相談下さい。白内障手術は、手術方法や機器の進歩により、安全かつ正確に行うことができるようになってきており、当院でも最新の機器を用いて手術を行っています。 現在当院での白内障手術は、日帰りまたは2泊3日の入院で手術を行っており、90%以上を日帰り手術で行っております。


網膜硝子体疾患(網膜剥離、糖尿病網膜症、硝子体出血)

当院では上記疾患に対する硝子体手術を行っています。硝子体手術は硝子体を吸引切除し、様々な網膜硝子体疾患によって引き起こされる増殖組織、出血を除去し、可能な限り網膜の機能を改善する手術です。網膜剥離、増殖糖尿病網膜症、黄斑浮腫、黄斑前膜、黄斑円孔などに対して最新の知識に基づき、外科的・内科的治療を行っています。手術は、より侵襲の少ない小切開硝子体手術システムや広角眼底観察システムを用いて安全かつ確実な手術を目指して行っております。


加齢黄斑変性症

加齢黄斑変性症において、病気の悪化の要因である新生血管の発生には眼内で産生されるVEGF(血管内皮細胞増殖因子)というたんぱく質が関与していると考えられています。そのVEGFを阻害する薬剤である抗VEGF薬(ルセンティス、アイリーア)を眼球内に注射する治療を行っています。治療時間は5-10分程度で、外来での治療を行っています。基本的に病気の進行を抑制し、さらなる視力低下を抑制することが目的になります。効果はすぐにはあらわれず、複数回の治療を行いながら外来にて経過観察する必要があります。


遺伝性網膜疾患

我々は日本医療研究開発機構(AMED)難治性疾患実用化研究事業拠点班である東京医療センター・感覚器センターの研究「遺伝性網脈絡膜疾患の病因・病態機序の解明」に参加して共同研究を行っています。遺伝性網膜疾患の原因の解明と治療の開発に寄与したいと考えています。

眼科 部長 亀谷 修平

初めて当院を受診される患者さまへ

初めて当院を受診される患者さまへ

初めて当院にご来院の方、および初めて診療科に受診される方は、初診受付にて承ります。その際、診察申し込み書に必要事項をご記入の上、医師からの紹介状(お持ちの方)と保険証を併せてご提示ください。

受付時間

ご来院される際は、お時間に余裕をもってお越しください。

初診受付時間 午前8時30分~午前11時30分
備考 斜弱外来は、金曜午後予約のみ

お問い合わせ

お問い合わせ(平日・夜間・休日救急外来)
日本医科大学千葉北総病院

〒270-1694 千葉県印西市鎌苅1715
TEL: 0476-99-1111(代表)

医療連携支援センター
TEL: 0476-99-1810(直通)
(平日:午前8時30分~午後6時00分・土曜:午前8時30分~午後5時00分)

※日曜・祝祭日、年末年始(12月30日〜1月4日)、創立記念日(4月15日またはその振替日)を除く。