感染制御部

 当院では感染対策部の前身である感染制御チーム(以下、ICT)が2004年10月に誕生し、2010年7月からは感染制御部が設置され、病院感染に取り組んで参りました。さらに2018年4月からは抗菌薬適正使用支援チーム(以下、AST)が立ち上がり、現在はICTとASTが共同で院内の感染対策・感染治療を行っています。
 感染制御部に専任・専従で勤務する医師・看護師・薬剤師・臨床検査技師の4職種を中心に、各診療科、看護部、中央検査部、薬剤部、事務部の協力を得て、病院内での感染制御活動を行っています。
 感染制御部は直接診療を行う部署ではありませんが、感染防止活動を通して、皆様が安心して受けていただける医療の提供を目指しています。

ICT:Infection Control Team
AST:Antimicrobial Stewardship Team

業務内容

    • 感染症発生の動向調査・把握、アウトブレイク対応
    • 感染症対策の情報提供・教育
    • 感染症診療・感染症対策コンサルテーション
    • 抗菌薬適正使用の推進
    • 職業感染対策(ワクチン接種、針刺し防止対策等)
    • 感染性廃棄物の取り扱い

スタッフ

医師(専任) 部長 望月 徹
医師(専従) 臨床教授 小林 美奈子
看護師(専従) 上野 ひろむ 感染管理認定看護師
看護師(専任) 菅野 絵理
薬剤師 薬剤部副部長 野口 周作 感染制御専門薬剤師
抗菌化学療法認定薬剤師
薬剤師 先崎 貴洋
薬剤師 森角 裕貴
臨床検査技師 中央検査室係長 臼井 一城
臨床検査技師 中央検査室係長 井上 雅則
事務 柴沼 頼孝