診療内容

おもな診療・検査内容

脳腫瘍、脳血管障害、脊椎脊髄疾患、頭部外傷、水頭症、頭痛、など脳神経外科一般。
MRI、CT、シンチグラフィー、PETなどの最新の画像診断が可能です。

  • 神経内視鏡手術
  • 悪性脳腫瘍の集学的治療
  • 脳動脈瘤、脳血行再建術
  • 良性脳腫瘍の外科的摘出術

脳血管障害

平成21年度に導入された最新の脳血管撮影装置により、くも膜下出血等の手術成績に良好な成果を上げています。未破裂脳動脈瘤の開頭手術も行っておりますが、整容を意識した治療により術後早期の社会復帰を果たしています。また、当院ではSPECT検査が可能であり、脳虚血病変に対するより正確な評価を行っています。血管内治療も積極的に取り入れており、血管内手術の専門医が治療を担当します。

脳腫瘍・間脳下垂体疾患

脳腫瘍の治療が充実していることも当科の大きな特徴です。ニューロナビゲーター・定位脳手術装置・生理機能検査(術中脳波・MEP・SEP)・術中マッピング・蛍光色素・5-ALA・術中超音波の各種モダリティーを駆使した術中モニタリングにより、脳機能温存を意識した安全な腫瘍摘出術を施行しています。さらに術後療法が必要とされる患者さんに対しては、キメ細かい標準化学療法やエビデンスのある免疫療法を行っています。摘出が困難とされている脳幹部の脳腫瘍に対しても積極的に手術を行っています。整容を意識して手術しておりますので、術後早期の社会復帰が可能です。間脳下垂体疾患に対する神経内視鏡手術は、本邦最大の治療数と成績を持つ手術チームが担当しています。

難治てんかん手術・パーキンソン病手術・小児脳神経外科

成人てんかん診療にも全般的に力を入れております。その豊富な治療経験から、抗てんかん薬によるてんかん治療には一定の評価をいただいています。また、難治てんかん患者さんで必要な方には、入院のうえ長時間ビデオ脳波モニタリング検査(vEEG)を行い、より正確なてんかん診療を実践しています。神経心理検査・PET検査・SPECT検査・MEG検査(他院依頼)により内側側頭葉てんかん(選択的扁桃体海馬切除術)など手術で治るてんかん外科治療を行っておりますが、術後発作抑制効果は極めて良好です。また、頭蓋縫合早期癒合症等の先天奇形や小児難治てんかん手術など、小児科・形成外科との協力体制を構築しながらますますの充実を図っています。パーキンソン病手術(DBS)では神経内科との合同チームを構築しており、当院での手術が可能ですので、この面からも地域のみなさまに貢献できると考えております。

脊椎疾患・殿皮神経障害外来

頚椎症、腰部脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニアなどの治療について、経験豊富な専門医が対応します。手術以外の治療を優先しますが、必要に応じ手術用顕微鏡を用いた、専門的な手術を行います。腰椎の手術後に残ってしまった腰痛や下肢のしびれに対し、殿皮神経障害や下肢の末梢神経障害などの併発の可能性ついて検討し、治療にあたっています。

しびれ外来

しびれの原因は、脳や脊髄の病気、末梢神経の病気など多種多様です。 中にはCTやMRIなどにうつらないものや、一般的には治療されていないものなど、様々です。
つらいしびれに対して神経外科医の立場から、治療可能な疾患の可能性について診察し、治療にあたります。

特殊検査・設備

  • 長時間ビデオ脳波同時記録検査(成人1室・小児1室)
  • 各種誘発電位記録検査
  • ニューロナビゲーター(Brain Lab社製)
  • 定位脳手術フレーム(エレクタ社製)
  • ニューロン活動記録検査(リードポイント)
  • SPECT検査(放射線科依頼)

認定施設

  • 日本脳神経外科学会日本医科大学連携施設
  • 日本てんかん学会研修施設
  • 日本脳卒中学会認定研修教育病院
  • 日本定位・機能神経外科学会技術認定施設 長時間ビデオ脳波同時記録検査(成人1室・小児1室)

お問い合わせ

お問い合わせ先・時間

TEL: 044-733-5181(代表)
(平日:午後3時00分~午後4時30分)(土曜:午後2時00分~午後3時30分)

※診療への影響を避けるため、緊急時を除く診療科へのお問い合わせ等は上記の時間内にしていただきますようご協力をお願い致します。

再診予約日の変更・キャンセル
TEL: 044-733-5181(代表)⇒ 外来予約室
(平日:午前8時00分~午後4時30分)(土曜:午前8時00分~午後3時30分)

※祝祭日、年末年始(12月29日~1月3日)、創立記念日(4月15日またはその振替日)を除く。

私設サイト

「脳神経外科学教室」

診療科では、独自のより細かな情報提供のために、私設サイトを運営しております。ぜひ、ご覧ください。

各種の脊髄脊椎疾患に対して、総合的な診断および治療を行っております。診断に際しては手足の痛み・痺れや腰痛などの症状を重視し、CT・MRI・脊髄造影検査などの検査を行い、個々の症例に応じ治療方針を決定しています。治療は各種の保存的治療を中心とし、外科的治療は手術用顕微鏡を用いた低侵襲手術を行っています。