ME部

役割

生命維持管理装置の操作やME機器のトラブル処理などを通じて臨床技術を提供し、各診療科の適正な医療の確保に貢献します。
各診療科共通または共同利用できる医療機器を中央管理し、合理的な運用を図ります。
現在ME部には現在8名の臨床工学技士が配属されており、医療機器の操作や点検に携わっています。

臨床業務

各種の診療において、ベッドサイドで医師や看護師、他の医療スタッフと共に臨床業務に携わり、主に生命維持管理装置を扱う業務を行っています。
血液浄化関連業務、補助循環関連業務、心臓カテーテル関連業務、植込型心臓ペースメーカ関連業務、人工呼吸関連業務、手術室関連業務など、多岐にわたる業務に対応しています。

ME機器保守管理業務

日常的・定期的な点検により医療機器の安全性と信頼性を確保・継続し、患者安全に貢献します。また、医療機器の不慮のトラブルへの対応は、患者さまの生命にかかわる重要な業務となっています。
輸液ポンプ、シリンジポンプ、各種生体情報モニタ、血液浄化装置、補助循環装置、体外式心臓ペースメーカ、各種人工呼吸器、内視鏡外科手術装置、保育器、経腸栄養ポンプ、フットポンプ、低圧持続吸引器、電気メスなどを扱っています。
その他、機器の取扱い・操作習得に関する技術指導、機器の購入・修理・廃棄、機器回収に係る情報収集ならびに実務処理などに携わっています。