診療内容

各種手術

内視鏡下鼻・副鼻腔手術

内服治療により改善しない慢性副鼻腔炎(蓄膿症)や難治性である好酸球性副鼻腔炎および良性の鼻副鼻腔腫瘍では、内視鏡を用いた鼻副鼻腔手術を取り入れています。ガーゼを使用しない止血方法や鼻洗浄を中心とした手術後の管理方法により、従来のような手術に伴う苦痛も軽減しています。また、手術困難例ではナビゲーションシステムの導入で、より安全に手術しています。
アレルギー性鼻炎では、薬物療法や減感作療法、レーザーで改善の乏しい症例に対して、また鼻閉を伴う睡眠時無呼吸症候群に対して、内視鏡下の鼻内手術を行っています。症状と重症度なども総合的に考慮して、治療法を選択しています。

鼓膜再生治療

小さな鼓膜穿孔は自然に閉鎖することがありますが、鼓膜の穿孔期間、穿孔状態などから自然閉鎖が見込まれない場合に、鼓膜穿孔を閉鎖する手術を行う場合があります。
当院では適応を見極めた上で、可能と判断した場合には外来・局所麻酔での鼓膜穿孔治療を行っております。詳しくは担当医へご相談ください。外来手術での閉鎖が難しいと判断された場合等は全身麻酔での耳科手術が可能な施設への紹介を検討させていただきます。

※担当医が産休・育休取得につき、当面の間、外来局所麻酔での鼓膜再生治療は休止させていただきます。

外来診療

補聴器適応の判断と調整

高齢化に伴い補聴器を必要とする場合も多くなってきました。補聴器外来では、補聴器使用についての相談や調整を行っています。

※担当医が産休・育休取得につき、当面の間、補聴器相談医は不在となりますが、補聴器外来は他の担当医が継続して診療を行っております。

難聴

通常の聴力検査の他に、脳波などを用いた他覚的聴力検査(DPOAE、SSR、ABR)を行っています。この検査は、乳幼児でも大まかな聴力を推定することが出来ます。

副鼻腔炎の検査や治療

近年、アレルギー性の副鼻腔炎なども増加しており、その病態も多様化しています。喘息を合併することの多い好酸球性副鼻腔炎は、難病にも指定されています。鼻の治療に精通した担当医が症例毎に適した治療方針を提案します。

アレルギー性鼻炎や花粉症に対する減感作療法

アレルギー性鼻炎では、薬物療法や手術療法だけでなく、皮下注射による皮下免疫療法(ハウスダスト、スギ、ブタクサ)や舌下免疫療法(スギ、ダニ)も行っています。
皮下注射は患者さん個人に合わせて治療エキスの量をきめ細かく設定する必要があるので、初めの2-3カ月は1週間に1回通院が必要になります。4-5ヶ月以降は1か月に1回の注射を定期的に行います。3-5年間治療を継続することが推奨されます。
舌下免疫療法は全身的な副反応が少なく安全で簡便な方法です。ヨーロッパでは30年ほど前から臨床応用されています。日本では2014年10月からスギ舌下免疫療法が、2015年11月からダニに対する舌下免疫療法がそれぞれ実用化されました。最低2年間、毎日自宅で投与する必要とされますが、皮下注射と比較して通院回数が少なく済むのがメリットです。10%程度の患者さんに口のかゆみ、舌下の腫れ、のどの違和感などが一過性に起こります。舌下免疫療法は12歳以上が適応となります。

めまいに対する検査や治療

平衡機能検査機器や重心動揺計を用いて、より詳しいめまいの検査・治療を心がけています。

お問い合わせ

お問い合わせ
日本医科大学千葉北総病院

〒270-1694 千葉県印西市鎌苅1715
TEL: 0476-99-1111(代表)

私設サイト

私設サイト
「耳鼻咽喉科学教室」

診療科では、独自のより細かな情報提供のために、私設サイトを運営しております。ぜひ、ご覧ください。