ホーム>診療科・部門のご案内>外科・消化器外科

外科・消化器外科

Dr.suzuki MKA_6401〇

外科・消化器外科は、食道、胃、腸、肝臓、胆嚢、胆管、膵臓など消化器の疾患とヘルニアなどの一般的な疾患を扱う診療科です。各種消化器がんの他、良性疾患さらに腸閉塞など緊急性を要する急性腹部疾患などにも対応しています。当院が印旛医療圏地域がん診療連携拠点病院であることから特にがん治療に関わる診療科としてその役割を果すべく安全性の確保と質の高い治療を提供しています。

外科手術では、腹腔鏡を用いた手術を行うことを特色にしています。とくに、食道がん、胃がん、大腸がん、肝臓がんに対し、日本内視鏡外科学会技術認定医、日本肝胆膵外科学会高度技能専門医が専門性の高い手術を行っています。虫垂炎、そけいヘルニア、腹壁瘢痕ヘルニア、食道裂孔ヘルニア、胆石などの良性疾患の手術にも腹腔鏡を用いています。腹腔鏡を用いた手術の利点には、傷が小さく痛みが少ない、出血量が少なく回復が早いなどがあります。

腹腔鏡だけでなく通常の内視鏡(胃カメラ、大腸カメラなど)を用いた治療も行っています。これには、日本消化器内視鏡学会指導医、専門医等が治療にあたり、粘膜にとどまる食道がんや胃がんでは病変を摘出する粘膜下層切開剥離術(ESD)、胆管結石に対しては結石除去などを行っています。また、胆管がんや膵臓がんなどによる黄疸に対しては胆道ステントを留置し、食道がんや大腸がんで通過障害が強い場合にもステントを挿入して通過障害の改善を図っています。このように内視鏡を用いた最先端の治療をさまざまな疾患で行っています。

抗がん剤治療も当科で行います。日本がん治療認定医機構がん治療認定医などの専門医師が患者さんに適した薬で治療を行います。外科手術、抗がん剤治療、放射線療法そして痛みに対する緩和ケアなど様々な治療法を組み合わせることによって病状にもっともふさわしい治療を行っていきます。そのために、医師、専門看護師、薬剤師、栄養士、リハビリスタッフ、ソーシャルワーカー等がチーム医療を提供し、効果的な治療が行き届くようにしています。

詳細に関しては、私設ページ www.hokusohgeka.comを是非ご覧ください。

外科(消化器・一般) 部長

初めて当院を受診される患者さまへ

初めて当院を受診される患者さまへ

初めて当院にご来院の方、および初めて診療科に受診される方は、初診受付にて承ります。その際、診察申し込み書に必要事項をご記入の上、医師からの紹介状(お持ちの方)と保険証を併せてご提示ください。

受付時間

ご来院される際は、お時間に余裕をもってお越しください。

初診受付時間 午前8時30分~午前11時30分
(午後1時00分~午後3時00分)
備考 基本的に午前中のみ。土曜日午後休診

お問い合わせ

お問い合わせ(平日・夜間・休日救急外来)
日本医科大学千葉北総病院

〒270-1694 千葉県印西市鎌苅1715
TEL: 0476-99-1111(代表)

医療連携支援センター
TEL: 0476-99-1810(直通)
(平日:午前8時30分~午後6時00分・土曜:午前8時30分~午後5時00分)

※日曜・祝祭日、年末年始(12月30日〜1月4日)、創立記念日(4月15日またはその振替日)を除く。

私設サイト

私設サイト
日本医科大学千葉北総病院
外科・消化器外科 

診療科では、独自のより細かな情報提供のために、私設サイトを運営しております。ぜひ、ご覧ください。

私設サイト(English)

私設サイト
Nippon Medical School Chiba Hokusoh Hospital -Surgery 

診療科では、独自のより細かな情報提供のために、私設サイトを運営しております。ぜひ、ご覧ください。