診療内容

診療時間や予約制などについて

初診受付時間 午前8時30分~午前11時00分 ※予約制
診療曜日 月曜日~土曜日
予約受付 眼科外来
予約電話 042-371-2111
予約受付時間 月曜日~金曜日:午後3時00分~午後4時30分
土曜日:午後2時00分~午後3時30分
  • ※眼科初診は紹介状(1ヶ月以内発行のもの)をお持ちの方予約可能
  • ※緊急の場合は随時診察を行っています
  • ※予定手術日:水曜日・木曜日・金曜日

特殊外来

  • 眼炎症外来
    月曜と金曜の午前に、眼炎症疾患(ぶどう膜炎、強膜炎、視神経炎など)の患者さまの専門診療を行っています。
    特に、サルコイドーシス、ベーチェット病、vogt-小柳—原田病、強膜ぶどう膜炎などの難治性ぶどう膜炎に対する免疫抑制剤や生物学的製剤を用いる治療を積極的に行うとともに、稀少な疾患の原因検察を徹底して行います。
    眼炎症疾患の内訳は、下記の「主な対象疾患」の項の「眼炎症疾患」(表1)をご参照ください。
  • 緑内障外来
    水曜午前(第2週 予約制)緑内障患者さまの精密検査、治療を行っています。早期発見・早期治療と患者様の一生涯にわたる視機能保持を目指し、経過観察毎に検査結果の丁寧な説明を心がけております。
  • 眼形成外来
    月曜午前(月に1度 不定期)眼瞼(まぶた)、眼窩(眼球の入っているくぼみ)などに関する診療を行っています。眼瞼下垂、逆さ睫毛、顔面神経麻痺、眼瞼痙攣、腫瘍などが主な対象疾患です。この部位は人間の体の中で最も目立つところであり、一人ひとりのご希望も異なります。そのため、できるだけご本人のご希望に添えるよう、時間をかけた診療、丁寧な手術を行っています。
  • 斜視弱視外来
    火曜午後(第1、3週 予約制) 斜視・弱視患者さまに対して定期的検査と治療を行っています。
  • オキュラーサーフェス外来
    木曜午後(第2週 予約制)角膜疾患、結膜疾患など目の表面を構成する組織の異常に対して精密検査を行っています。
  • コンタクトレンズ外来
    月曜午後(第3週予約制)屈折異常、無水晶体眼、円錐角膜などの治療を行っています。
  • ロービジョン外来
    金曜午後(月に1度 不定期)視覚的補助具の選定と訓練、社会的自立をサポートする相談と情報提供、心理的サポートを行っています。

主な検査

  • フルオレセイン蛍光眼底造影検査
    ぶどう膜炎、糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症などの網脈絡膜疾患や視神経疾患に行っています。
  • インドシアニングリーン蛍光眼底造影検査
    ぶどう膜炎や加齢黄斑変性症などの網脈絡膜疾患に行っています。
  • 全視野網膜電図
    網膜疾患に対して国際臨床視覚電気生理学会の記録条件に沿って行っています。
  • 多局所網膜電図
    黄斑ジストロフィなどの黄斑疾患に行っています。
  • 視野検査(静的、量的)
    緑内障、視神経疾患、網膜疾患、脳疾患などに行っています。
  • 光干渉断層計OCT
    ぶどう膜炎、網膜疾患、緑内障に行っています。
  • CT検査、MRI検査
    視神経疾患、眼窩疾患、眼筋麻痺などに行っています。
  • 斜視弱視検査
    斜視、弱視に対して行っています。

主な対象疾患

眼炎症性疾患

ぶどう膜炎:眼の中に炎症を起こし、かすみや視力低下といった症状を引き起こす病気です。原因は数多く知られていますが、ベーチェット病、サルコイドーシス、フォークト・小柳・原田病など全身の病気の一症状として起きる場合と、細菌やウィルスなどの感染により起きてくる場合があります。

強膜炎:コラーゲンで構成される眼球壁である強膜に炎症を起こし、充血や眼痛、視力低下といった症状を引き起こす病気です。関節リウマチ、ANCA関連血管炎、再発性多発軟骨炎、甲状腺機能異常など、様々な全身の病気の一症状として起きる場合があります。非感染性の強膜炎が多いですが、稀に眼外傷や術後の感染により起きる強膜炎もあります。

視神経炎 :視神経炎とは視神経の炎症の病気です。視野の中心が見にくくなる症状が特徴です。眼球の後ろに痛みがでることもあります。原因は、自己免疫による脳神経の炎症疾患(多発性硬化症や視神経脊髄炎)である場合と、別の原因や、特発性(原因不明)の場合があります。

眼炎症疾患の専門的検査
眼炎症疾患の精密検査は、通常の眼科診察に加えて、蛍光眼底造影検査、静的動的視野検査、光干渉断層計OCT、血液検査と胸部レントゲンを行います。
さらに必要に応じて、眼内液検査、髄液検査、Bモード超音波検査、頭部と眼窩のMRIやCTを行うことがあります。

眼炎症疾患の治療
眼炎症の重症度と原因疾患により治療内容が異なります。一般的に、軽症にはステロイドの点眼や眼周囲注射などの局所治療を行います。再発性や難治性の場合にはステロイドの内服で治療します。原田病や後部強膜炎、視神経炎にはステロイドパルス療法を行います。重症例には、免疫抑制剤(シクロスポリン)や生物学的製剤(インフリキシマブ、アダリムマブ)による免疫抑制療法を行い、視力予後の向上と投薬寛解を目指しています。

表1  日本医科大学眼炎症外来を8年間に受診した約800人の疾患内訳
(芹澤元子、堀純子、他. 日本眼科学会雑誌   119(5) 347-353, 2015より引用)

疾患 症例数 頻度(%)
サルコイドーシス 135 17.1
強膜炎(上強膜炎を含む) 129 16.3
Vogt-小柳-原田病 37 4.7
ヘルペス性角膜ぶどう膜炎 36 4.6
HLA-B27関連ぶどう膜炎 26 3.3
球後視神経炎(突発性、MS、NMO) 21 2.7
ベーチェット病 19 2.4
視神経乳頭血管炎 10 1.3
トキソプラズマ網脈絡膜炎 10 1.3
ポスナー・シュロスマン症候群 8 1.0
多発性後極部網膜色素上皮症 6 0.8
サイトメガロウイルス網脈絡膜炎 6 0.8
前部虚血性視神経症 5 0.6
眼内悪性リンパ腫 5 0.6
急性散在性網膜色素上皮症、急性後部多発性斑状色素上皮症 4 0.5
内因性細菌性/真菌性眼内炎 4 0.5
急性網膜壊死 3 0.4
間質性腎炎ぶどう膜炎症候群 2 0.3
サイトメガロウイルス虹彩毛様体炎 2 0.3
結核性ぶどう膜炎 2 0.3
網膜血管炎(リウマチ性、SLE) 2 0.3
リウマチ性角膜周辺部潰瘍 2 0.3
レーザー外傷性虹彩炎 2 0.3
膠原病性網膜症(リウマチ性、SLE) 2 0.3
視神経乳頭炎 2 0.3
梅毒性ぶどう膜炎 2 0.3
地図状網脈絡膜症 2 0.3
JRA関連若年性虹彩毛様体炎 1 0.1
Fucks虹彩異色性虹彩毛様体炎 1 0.1
トキソカラ眼症 1 0.1
点状脈絡膜内層症 1 0.1
ウェーバークリスチャン病随伴ぶどう膜炎 1 0.1
潰瘍性大腸炎随伴ぶどう膜炎 1 0.1
川崎病随伴ぶどう膜炎 1 0.1
癌関連網膜症 1 0.1
交感性眼炎 1 0.1
大動脈炎症候群 1 0.1
糖尿病ぶどう膜炎 1 0.1
眼窩炎症性偽腫瘍 1 0.1
合計 496 62.8
不明(疑い症例を含む) 294 37.2

HLA:human leukocyte antigen、MS:multiple sclerosis、NMO:Neuromyelitis Optica、SLE:Systemic lupus erythematousus

白内障

白内障とは水晶体が混濁する疾患です。最も多いのが加齢性白内障です。手術は患者さまの視力が低下し不自由を感じている場合、または網膜硝子体疾患や緑内障などの他の眼疾患を伴っていて早期に手術をした方がいい場合などに行います。

緑内障

緑内障とは正常な機能を維持していける以上の眼圧のために、視機能障害をきたす疾患です。緑内障には原発閉塞隅角緑内障、原発開放隅角緑内障、正常隅角緑内障があります。原発閉塞隅角緑内障は急激に眼圧が上昇し、激しい眼痛や頭痛をきたすことがあります。薬物治療、レーザー治療などを行います。
原発開放隅角緑内障、正常隅角緑内障は初期においては自覚症状がほとんどありません。定期的に眼圧検査、眼底検査、視野検査を行います。治療は薬物治療、手術療法があります。点眼治療で眼圧が目標まで下がらない場合や視野異常が進行する場合は手術を必要とします。

網膜剥離

網膜剥離は網膜に穴(裂孔)があき、網膜がはがれ、視野狭窄、視力低下をきたす疾患です。裂孔だけの時はレーザー治療でよい場合がありますが、多くは剥離が進行しており入院治療が必要となります。

糖尿病網膜症

糖尿病網膜症は糖尿病の代謝異常により眼底出血などをきたす疾患です。日本では成人の失明原因の主たる疾患となっております。そのため糖尿病の早期発見早期治療が大切です。診断がついたら定期的な眼科検査が必要になります。治療には薬物治療、レーザー治療、硝子体手術があります。

網膜静脈閉塞症

網膜静脈閉塞症は網膜静脈がつまって眼底出血をきたす疾患です。一般には50歳以上の、高血圧、糖尿病などをもっている人に多いですが、若年の人にみられることもあります。治療は薬物療法、レーザー治療、最近では硝子体手術を行うこともあります。

加齢黄斑変性症

加齢黄斑変性症は黄斑部に出血、浮腫をきたし視力低下する疾患です。加齢により脈絡膜新生血管に基づくものと、脈絡膜新生血管を伴わない萎縮に基づくもがあります。治療の適応のなるのは脈絡膜新生血管に基づくものです。治療はおもに抗血管新生療法を行っています。

黄斑円孔

黄斑円孔は黄斑部の中心が穴(円孔)となり視力低下する疾患です。80%は女性です。治療には硝子体手術を行います。

眼瞼下垂

まぶたが下がり、開きづらい疾患です。たいていは、老化、コンタクトレンズ装用などで生じますが、腫瘍や脳動脈瘤、その他神経・筋肉の病気による場合もあるので注意が必要です。治療は手術が主体です。

ドライアイ

涙の分泌量の減少や涙の質が低下することにより、目の表面を潤す力が低下した状態をドライアイと呼びます。目の乾燥だけでなく、異物感・まぶしさ・目の疲れなど、多彩な目の不快感を生じます。治療は点眼治療、涙点プラグの挿入などが行われます。

診療実績

平成30年度(平成30年4月-平成31年3月)手術件数は2,107件、内訳は、白内障手術1,082件、網膜硝子体手術(硝子体手術、バックリング手術)231件、斜視手術、緑内障9件その他56件、抗VEGF薬硝子体注射729件となっています。遠近両用眼内レンズ(多焦点眼内レンズ)にも対応しています。硝子体手術は最新の27Gシステムにてほぼ全例に対応しています。入院期間の短縮化に取り組んでおり、白内障手術や緑内障手術、硝子体手術などで全身状態の良い方については、日帰り手術に対応しています。

地域連携状況

講演会、勉強会を通して地域の先生方と診療連携を構築しています。

地域の先生方との講演会実績

第11回 眼科エキスパート講習会

講演1 緑内障患者のロービジョンケア 2019
演者 非常勤講師 國松 志保 座長:仲野 裕一郎
講演2 網膜剥離の診察と治療 2019
演者 はねもと眼科 院長 塙本 宰 座長:堀 純子
日時 2019年10月2日(水)
会場 京王プラザホテル多摩3階「白鳳」

第5回 南多摩3大学合同眼科研究会

講演 播種性帯状疱疹後の急性網膜壊死が再燃時にアシクロビル耐性を呈した一例
演者 矢野 風 座長:堀 純子
日時 2019年9月21日(土)
会場 パレスホテル立川3階「こぶしの間」

第1回 東京多摩眼科エキスパート講習会

講演1 手術で治すドライアイ
演者 非常勤講師 田 聖花
講演2 眼圧下降治療と視野維持効果
演者 日本医科大学 講師 中元 兼二
講演3 IPS細胞を用いた網膜の再生医療
演者 神戸アイセンター病院 院長 栗本 康夫 座長:堀 純子
日時 2019年8月30日(金)
会場 京王プラザホテル多摩4階「アポロ」

第5回 多摩市医師会眼科部長会学術講演会

講演 眼症状を呈する脳外科疾患の鑑別と最新の外科的治療
演者 東京都立多摩総合医療センター 太田 貴裕 座長:堀 純子
日時 2019年3月6日(水)午後7時00分~
会場 京王プラザホテル多摩4階「たまつばき」

青葉区医師会学術講演会(眼科)

講演 ”悩ましい”強膜炎とヘルペス関連疾患の診療
演者 堀 純子
日時 2019年2月18日(月)午後7時30分~
会場 青葉台フォーラム

第4回 眼科エキスパート講習会

講演1 眼の形成外科 眼窩疾患プライマリ・ケア
演者 根本 裕二
講演2 ドライアイ診療のコツ
演者 東京医科歯科大学市川総合病院 田 聖花
日時 2018年12月10日(月)午後7時00分~
会場 日本医科大学多摩永山病院 C棟2F 集会室

第14回 多摩南部地域病院勉強会

講演 強膜炎診療のアップデート~疾患背景と治療選択~
演者 堀 純子
日時 2018年11月7日(水)
会場 京王プラザホテル多摩

第49回 公開講座

講演1 ”加齢による目の病気と最新の治療”~白内障・緑内障・加齢黄斑変性~
演者 堀 純子
講演2 眼科でおこなう目の検査
演者 竹内 修子
日時 2018年10月20日(土)午後2時00分~
会場 日本医科大学多摩永山病院 C棟2F 集会室

第3回 眼科エキスパート講習会

講演1 眼形成:内反と外反
演者 根本 裕二
講演2 糖尿病性黄斑浮腫の治療
演者 東京医科大学病院 村松 大弐
日時 2018年9月10日(木)午後6時45分~
会場 日本医科大学多摩永山病院 C棟2F 集会室

多摩地区眼科病診連携学術講演会

特別講演 眼炎症性疾患の最新の話題
演者 堀 純子
日時 2018年7月9日(月)午後7時30分~午後9時10分
会場 京王プラザホテル多摩 4階「たまつばき」

第2回 眼科エキスパート講習会

講演 眼の形成外科の概要~眼瞼下垂と偽下垂~
演者 根本 裕二
日時 2018年6月25日(月)午後6時30分~
会場 日本医科大学多摩永山病院 C棟2F 第2会議室

第4回 南多摩3大学合同眼科研究会

特別講演 難治性ぶどう膜炎の新しい治療~免疫抑制剤と生物学的製剤の使い方~
演者 堀 純子
日時 2018年5月26日(土)午後6時30分~
会場 パレスホテル立川 3階「こぶし」

多摩地域以外での講演会実績は「研究実績」を参照してください。

お問い合わせ

お問い合わせ(平日・夜間・休日救急外来)
日本医科大学多摩永山病院

〒206-8512 東京都多摩市永山1-7-1
TEL: 042-371-2111(代表)