寄附講座・社会連携講座一覧

ホーム> 大学院医学研究科> 寄附講座・社会連携講座一覧

寄附講座・社会連携講座一覧

本学の寄附講座・社会連携講座についてご案内いたします。

講座名 脳病態画像解析学講座 icon_blank_blue
寄附講座教授 三品 雅洋
概 要 本講座は、脳卒中・アルツハイマー病・パーキンソン病など脳神経疾患の病態の解明に関する研究とともにその成果の普及等を行い、脳画像の共同研究や医療連携の推進を図ることを目的としています。
設置期間は、2014年(平成26年)12月1日から2024年(令和6年)11月30日までの10年間です。
今後、本講座において画像診断装置を応用した脳神経疾患の病態解明に取り組み、研究・連携を進めてまいります。
講座名 脳神経外科地域医療システム学講座 icon_blank_blue
寄附講座教授 山口 文雄
概 要 本講座は、脳神経外科地域医療に関する教育研究の進展及び充実を図ることを目的
としています。
設置期間は、2017年(平成29年)4月1日から2022年(令和4年)3月31日までの5年間です。
今後、本講座において脳神経外科学と連携し、地域医療における脳神経外科医療提
供システム構築のための調査研究・構想発案、地域医療機関に効率的医療資源提供
システムの提案を行い、教育研究を進めてまいります。
講座名 タンパク質間相互作用学講座 icon_blank_blue
(Laboratory for protein-protein interaction research)
社会連携講座教授 浜窪 隆雄
概 要 本講座は、炎症反応の分子メカニズムの解明から炎症性疾患の新しい治療法の開発を目指すことを目的としています。設置期間は、2018年(平成30年)4月1日から2021年(令和3年)3月31日までの3年間です。
今後、本講座において、好中球の細胞外トラップによる防御反応を中心とした急性炎症とその後の慢性炎症の病態も含めた新しい炎症像の分子メカニズムの解明を目指します。特にタンパク質の相互作用と相転移の関連を品質管理と代謝の観点から捉えるプロテオスタシス(タンパク質のホスメオスタシス)のコンセプトを学術的基盤として、新しい炎症像を構築することを進めてまいります。
講座名 抗加齢予防医学講座
社会連携講座教授 小川 令(兼担)
社会連携講座
准教授
高田 弘弥
概 要 本講座は、抗加齢・予防医学に関連して、細胞生物学的解析からQOLの向上を目指す広義の抗加齢医学までを含む、大学でしか研究できない領域を広く扱い、健康長寿社会の実現に寄与することを目的としています。
設置期間は、2019年(平成31年)4月1日から2022年(令和4年)3月31日までの3年間です。
今後、本講座において形成再建再生医学講座と連携し、「形成外科学」や「再生医学」「美容医学」の枠を超え、「抗加齢医学」「予防医学」に応用可能なデバイス開発を行ってまいります。具体的には、生体に対する機械刺激の応答機構を解明し、細胞や組織、臓器を活性化するデバイス開発と性能の最適化を目指しています。
講座名 顔と心と体の美容医学講座
社会連携講座教授 小川 令(兼担)
社会連携講座講師 朝日 林太郎
概 要 本講座は、美容医学に関連して、細胞生物学的解析から、外観に対する認知機能から生体反応まで、顔-心-体をつなぐ病態生理を解析することを目的としています。設置期間は、2020年(令和2年)4月1日から2022年(令和4年)3月31日までの2年間です。
今後、本講座において形成再建再生医学講座と連携し、「形成外科学」や「再生医学」「美容医学」の枠を超え、患者さんのQOLの向上を目指して、大学でしか研究できない領域を幅広く扱い、精神的に健全な健康社会の実現を目指します。