ホーム>病院のご案内>病院長あいさつ

病院長あいさつ

高度急性期医療とがん診療を機軸に「安全で質の高い医療」の拡充を


新しいビットマップ イメージ  日本医科大学は1876年に済生学舎として創設され、爾来140年以上を経た我が国で最も歴史ある私立医科大学です。そして、わたくし達の日本医科大学千葉北総病院は、1994年に日本医科大学4病院の中で最も若い新進気鋭の大学病院として開設されました。千葉県印旛医療圏の「地域中核大学病院機能」を基盤に、わが国随一の歴史と実績を誇るドクターヘリを最大活用した「救命救急」、「脳卒中救急」、「循環器救急」などの「高度急性期医療」を展開しております。2001年に全国に先駆けて「ドクターヘリ医療」を導入し、爾来年間1200例、累計12,000例以上の患者を搬送・治療しております。TV放映「コード・ブルー」の原点は、此処にあると言っても過言ではありません。

また当院は、2015年よりわが国の重要医療政策である「がん診療連携拠点病院」に認定され、「安全で質の高い医療」、「生命予後と生活の質の改善」、「より早期から取り組む緩和医療」をテーマに、手術療法、各種抗がん薬による化学療法、放射線療法などに優れた治療実績を蓄積しております。
当院は既に、厚生労働省「外国人患者受け入れ拠点病院」に選定されておりますが、2017年7 月には、内閣府が主導する「JIH: ジャパン・インターナショナル・ホスピタルズ(全国35 病院)」に推奨されました。印旛・成田空港の国際性を背景に、諸外国から訪日される患者さんの最新医療に対応しております。
また特筆すべき使命として、当院は「基幹災害拠点病院」に指定されており、毎年「首都直下型地震」などを想定して、各地域の消防・救急隊、千葉県内医療系大学の学生が演じる模擬患者さん、印旛健康管理センターや地域医療機関にも参加していただき、大規模災害訓練を実施しております。各地で地震や自然災害が頻発している昨今、救命救急センター・DMATを機軸に災害医療や非常事態に備え、随時対応しております。
広く明るいエントランスホール、病室や広い廊下からは、青空と森の四季の移ろいや鳥のさえずりに、心身の癒しを感じることができます。   
わたくし達は「特色ある医療、教育、研究」をモットーに、全28 診療科が「安全で質の高い医療」の拡充にチャレンジしてまいります。
              
                                                                                                      日本医科大学千葉北総病院 病院長
                                                                                                      清野 精彦(せいの・よしひこ)